IM-H1E バージョンアップについて

最終更新日 '16/9/1
バージョン 4.64
●バージョン確認方法

メニューの[オプション]ボタンをクリックして表示される[オプション]ダイアログボックス下部のバージョン情報2行目に表示されるバージョンをご確認ください。

●ご注意

  • IM測定設定エディターIM-H1Eを起動するには、専用ハードウェアキー(有償)が必要です。
バージョンアップの方法  
  1. インストール済みのIM-H1Eを削除してから、再度インストールを実行してください。
    データフォルダは削除されません。

●主な変更・修正履歴

[4.63→4.64での変更内容]

1.機能追加項目

  • Winndows10に対応
  • 添付の.NET Frameworkインストーラーを4.5.2に変更

2.不具合修正項目

  • DXFエクスポートした図形の単位がinchになる不具合を修正

[4.61→4.63での変更内容]

1.機能追加項目

  • スペイン語/韓国語/タイ語のOSに対応

[4.60→4.61での変更点]

1.機能追加項目

  • 英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/簡体字/繁体字
    のOSに対応
  • 幾何公差のCP/CPKの計算式を変更

[4.52→4.60での変更点]

1.機能追加項目

  • IM-6225Tの高さ測定において、プレビュー画面の測定結果表示方向を基準要素に合わせる機能を追加
  • 連続測定時にロット番号、シリアルカウンター、担当者の項目を必須入力にできる機能を追加

2.不具合修正項目

  • 部分累積ピッチ誤差の測定について、[最終の部分累積ピッチ誤差]を判定対象から外すと、他の項目が対象になっていても[公差一括設定]画面に表示されない不具合を修正

[4.10→4.52での変更点]

1.機能追加項目

  • IM-6225Tに対応
  • 公差設定にアラートしきい値設定機能を追加
  • 結果表示切換機能に差分表示を追加

[4.05→4.10での変更点]

1.機能追加項目

  • 英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/簡体字/繁体字/韓国語/タイ語/メキシコスペイン語のOSに対応

2.不具合修正項目

  • フォルダー設定のフォルダーの参照で右クリックしてもショートカットメニューが表示されない不具合を修正

[4.04→4.05での変更点]

2.不具合修正項目

  • Windows Vistaで「ファイルを開く」ダイアログボックスに測定設定データが表示されない不具合を修正

[4.03→4.04での変更点]

2.不具合修正項目

  • 中心線要素のエッジ抽出自動調整がONの状態で、平行でないエッジ間で正しくエッジ抽出できない不具合を修正

[3.40→4.03での変更点]

1.機能追加項目

  • IM-6225/6125/IM-6145に対応
  • Windows8.1に対応
  • 輪郭ライン表示の強調表示機能を追加
  • 輪郭度の内外別公差設定に対応
  • エッジ抽出パラメーター自動調整のアップデートと自動実行を追加
  • 連続エッジ点優先機能を追加
  • 孤立点除去機能を追加
  • 複数エッジ検出機能を追加
  • バリ欠けチェック機能のしきい値を変更
  • 表示画像のガンマ補正機能を追加
  • 長さ単位表示/非表示切り換え機能を追加
  • 測定番号表示/非表示切り換え機能を追加
  • Q-DAS設定機能を追加
  • フォルダー設定にアカウント、パスワード設定を追加
  • パターンサーチのデフォルト設定を精度優先に変更

2.不具合修正項目

  • 複数の輪郭要素がある場合、特定の条件で公差域を狭くするとFailになることがある不具合を修正
  • 真円度のプレビュー画面表示にφが表示される不具合を修正

[3.30→3.40での変更点]

1.機能追加項目

  • Windows8に対応
  • 結合測定設定データの保存確認ダイアログボックスに、バリ欠けチェック機能の有効/無効選択チェックボックスを追加

2.不具合修正項目

  • 角度測定結果の寸法線円弧の大きさが極小のときにエラーが発生する不具合を修正
  • CADインポートで大きな半径のRがあるときにエラーが発生する不具合を修正

[3.03→3.30での変更点]

2.不具合修正項目

  • IE9がインストールされているパソコンで印刷できない不具合を
    修正
  • 補助線長さが無限のときの計測時内部処理長さの算出方法を
    変更

[2.53→3.03での変更点]

1.機能追加項目

  • IM-6120/6025/6015に対応
  • 平均回数設定機能を追加
  • パターンサーチ有効領域設定機能を追加
  • Zステージを手動で調整して測定できる機能を追加(IM-6120/6140のみ)
  • マニュアル測定要素作成機能を追加
  • 結合設定の自動変遷設定機能を追加
  • 輪郭抽出要素にスキャン間隔調整機能を追加

[2.33→2.53での変更点]

1.機能追加項目

  • 要素ツールに「ピーク線」、「ピーク円」、「ピーク円弧」、「ゲージ線」を追加
  • 応用ツールに「直線ピッチ傾斜角」、「円周ピッチ幅」、「面積測定」、「ねじ測定」を追加
  • すべてのピッチ測定に「公差判定項目」選択機能を追加
  • 補助線に「接円」を追加
  • 「平行線」、「補助円」半径指定に他の測定結果を指定できる機能を追加
  • 「補助円」に「出力パターン」選択を追加
  • 「真直度」、「直角度」、「平行度」、「点の位置度」、「同心度」で最大実体公差/最小実体公差に対応
  • パターンサーチ方向指定機能を追加
  • DXFエクスポート機能を追加
  • 角度表示桁を小数点以下4桁まで選択可能
  • 公差一括クリア機能を追加
  • 「輪郭ライン出力」の設計値を一点鎖線に変更
  • 測定設定モードのファイル履歴表示を50個に増加

[2.20→2.22での変更点]

2.不具合修正項目

  • 統計・解析画面からの輪郭ライン出力表示の不具合を修正

[2.10→2.20での変更点]

1.機能追加項目

  • パターン登録の最小領域サイズを変更
  • パターン登録ダイアログ内での画面拡大機能を追加

[2.07→2.08での変更点]

1.機能追加項目

  • パターン画像登録に「速度優先」/「精度優先」選択を追加
戻る