VT STUDIO Ver.4.61 ← Ver.4.**
内容
VT STUDIO Ver.4.**をVer.4.61にアップデートします。
このアップデートソフトはシステムプログラム、VT-PLC情報ファイルを含んでいます。


アップデートの方法  
  1. アップデートソフトのダウンロードを行ないます。

    ダウンロードソフト名をクリックします。表示される画面の指示に従って、ダウンロードします。

     

  2. アップデートソフトをインストールします。
    (1) ダウンロードしたファイルを実行し、インストールを開始します。
    (2) 画面の指示に従い、インストールします。


●主な変更・修正履歴

 [Ver.4.60→Ver.4.61(2012/12)]

   VT STUDIO Ver.4.60→Ver.4.61

  • 数値表示部品の各レンジに演算を設定時に、参照デバイスと各レンジのデータ長が異なった状態になる場合がある問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.4.50

  • 変更なし

   VT3VT-PLC情報 Ver.4.60

  • 変更なし

   VT3用画面カタログ

  • 変更なし

 [Ver.4.51→Ver.4.60(2012/10)]

   VT STUDIO Ver.4.51→Ver.4.60

  • KV Nanoシリーズに対応
  • KV-L21V、KV-L21V(XYM)、KV-LM21V、KV-LM21V(XYM)に対応

   VT3用システムプログラム Ver.4.50

  • 変更なし

   VT3VT-PLC情報 Ver.4.51→Ver.4.60

  • [キーエンス KV Nanoシリーズ[KV-N*]]
    新規追加。
  • [キーエンス KV-5500/5000/3000/L2*V]
    KV-L21V、KV-L21V(XYM)に対応。
  • [キーエンス KV-5500/5000/3000/LM2*V]
    KV-LM21V、KV-LM21V(XYM)に対応。
  • [キーエンス KV-1000/700,KV-L20*/21V]
    KV-L21V、KV-L21V(XYM)に対応。
  • [キーエンス KV-1000/700,KV-LM20*/21V]
    KV-LM21V、KV-LM21V(XYM)に対応。

   VT3用画面カタログ

  • 新規画面カタログを1画面追加

 [Ver.4.50 → Ver.4.51 (2011/11)]

   VT STUDIO Ver.4.50 → Ver.4.51

  • アウトラインテキスト部品に図形属性制御を設定、または図形属性制御が設定されたアウトラインテキスト部品を選択すると、VT STUDIOが強制終了する問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.4.50

  • 変更なし

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.4.06

  • 変更なし

   VT3用画面カタログ

  • 変更なし

 [Ver.4.16 → Ver.4.50(2011/11)]

   VT STUDIO Ver.4.16 → Ver.4.50

  • 無償バージョンアップの範囲を、Ver.3以降からVer.1以降に拡大しました。
  • PLC接続マニュアルの各章と接続機器別の各マニュアルに、「エラーメッセージと対処方法」を追加。
  • VT3-X15にて、装飾枠などの部品を最大サイズで作成しようとしても、1ドット小さいサイズでしか作成できない問題を解決。
  • マウスをダブルクリックしてファイルを開いた場合に、ファイルが置かれているフォルダパスをVT STUDIOが記憶しない
    問題を解決。
  • 局番を指定する接続機器で「局番0」を使用しない場合に、ランプスイッチのスイッチ機能を無効にすると、データチェックでエラーが発生する問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.4.16 → Ver.4.50

  • Ver.4.5未満のシステムプログラムを転送および書き込みできない仕様に変更。
    ※ バージョンダウンして使用されるお客様は、
    VTサポートダイヤル(0120-100-947)までお問合せください。
  • 数値表示部品で、ウィンドウON/OFFや移動時に数値が更新されない場合がある問題を解決
  • VT3-W4シリーズで、トレンドグラフ記憶容量設定を変更するとVT本体がリセットする場合がある問題を解決。
  • KV-TF40のユニットモニタで、測定値バイアスと
    警報設定値の誤表記を修正。

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.4.05 → Ver.4.06

  • [GEファナック シリーズ90(イーサネットTCP)」
    新規追加。
  • [キーエンス VT-L16Z/KV-L20(VTマルチリンク)]
    ページ切替、値や状態の更新が遅くなる場合がある問題を解決。
  • [三菱電機 VT-L16CA(Aモード)]
    ページ切替、値や状態の更新が遅くなる場合がある問題を解決。
  • [オムロン VT-L16CA(Cモード)]
    ページ切替、値や状態の更新が遅くなる場合がある問題を解決。

   VT3用画面カタログ

  • 2011/11/04までの追加更新を反映。

 [Ver.4.11 → Ver.4.16(2011/5)]

   VT STUDIO Ver.4.11 → Ver.4.16

  • ヘルプメニューにFAQサイトへのリンクを追加。
  • VT本体システム設定の「その他」に「イメージ数の上限を拡張する」設定を追加。
  • 表部品を画面上にすべて表示できない状態まで拡大し、部品をドラッグして表部品のセルに登録すると、別のセルに登録される場合がある問題を解決。
  • 帳票画面でWindowsフォントを使用した部品を複数選択してコピーした部品が、印刷時に文字の縦横が入れ替わって印刷される問題を解決。
  • パソコンにインストールされているフォントの組み合わせによって、「Century」が選択できない場合がある問題を解決。
  • VT2機種で表示文字列切替機能を使用してID0以外を選択時に、メッセージ表示のデータが表示されない問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.4.13 → Ver.4.16

  • KL-N20Vのユニットモニタ画面で下位アドレスを変更できない問題を解決。

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.4.02 → Ver.4.05

  • [横河電機FA-M3シリーズ]
    FA-M3Vシリーズに対応。
  • [横河電機FA-M3シリーズ(イーサネットUDP)]
    FA-M3Vシリーズに対応。
  • [横河電機FA-M3シリーズ(イーサネットTCP)]
    FA-M3Vシリーズに対応。
  • [日立HIDIC-S10αシリーズ]
    S10Vシリーズに対応。

   VT3用画面カタログ

  • 新規画面カタログを5ファイル追加。

 [Ver.4.06 → Ver.4.11(2010/12)]

   VT STUDIO Ver.4.06 → Ver.4.11

  • VT3-V6H(G)に対応。
  • VT STUDIOを二重起動して、同じフリースタイルを使用した複数部品をドラッグ&ドロップでコピーした後、コピーした部品をリサイズすると、スタイルが正常に表示されない場合がある問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.4.11 → Ver.4.13

  • VT3-V6H(G)に対応。
  • リードプロテクトを有効にしている場合に、操作ログ画面にて画面データを保存できないように変更。

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.4.02

  • [パナソニック電工KWシリーズ]
    新規追加。
  • [オリエンタルモーターCRKシリーズ]
    新規追加。
  • [理化工業SRZシリーズ]
    新規追加。
  • [理化工業SRZシリーズ(Z-COM使用)]
    新規追加。
  • [パナソニック電工MEWNET-FPシリーズ]
    FP2SHに対応。
  • [安川電機VS miniシリーズ]
    A1000/J1000に対応。
  • [横河電機UTシリーズ(1:N)]
    UP55A/UP35Aに対応。

   VT3用画面カタログ

  • 新規画面カタログを2ファイル追加。

 [Ver.4.04 → Ver.4.06(2010/11)]

   VT STUDIO Ver.4.04 → Ver.4.06

  • システム設定のメッセージで、キーボードで直接No.を入力して指定できないことがある問題を解決。
  • SVGA最大サイズで作成したウィンドウを、SVGA機種の画面でインポート、またはSVGA別機種へ機種切替すると、ウィンドウの大きさが小さくなる問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.4.10 → Ver.4.11

  • 本体システムモードのオプション設定>ビデオ調整>RGB位置で設定できる手動設定を追加。
  • PLCデータフォルダ実行に失敗した場合に、VT内部デバイスのPLC接続状態ビット(MB00D00~)がOFFすることがある問題を解決。

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.4.02

  • 変更なし

   VT3用画面カタログ

  • 2010/11/01までの追加更新を反映

 [Ver.4.03 → Ver.4.04(2010/09)]

   VT STUDIO Ver.4.03 → Ver.4.04

  • 画面インポートを高速化。
  • PLC機種変更時のデバイス置換先を任意に変更できるように改善。
  • デバイスコメントをドラッグ&ドロップして部品を設定変更する場合の、変更対象に一括設定を追加。
  • 文字列一覧で、改行を含んだ文字列の検索/置換に対応。
  • Windows 7(64bit)に対応。
  • DTスルー通信使用時のPLC機種設定方法を変更。
  • ページ移動と複製でページを複製(コピー)時、部品に設定されたページNo.が自動で追従するように改善。
  • 検索結果一覧に全選択ショートカットキー(Ctrl+A)を追加。

   VT3用システムプログラム Ver.4.04 → Ver.4.10

  • PLCデータフォルダ機能で不連続のデバイスを登録時に正常に実行が終了しないことがある問題を解決。
  • ESC/Pラスター方式プリンタの一部機種で、印刷するとVTがリセットすることがある問題を解決。

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.4.01 → Ver.4.02

  • 一部機種の表示順を変更。

 [Ver.4.01 → Ver.4.03(2010/08)]

   VT STUDIO Ver.4.01 → Ver.4.03

  • VT3-Q5H(G)に対応。
  • バッチサンプリングのXYグラフにて、グラフ本数を2本以上データ長2ワードに設定している場合に、正常にデバイス一括変更できない問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.4.01 → Ver.4.04

  • VT3-Q5H(G)に対応。

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.4.00 → Ver.4.01

  • KV-5500を対象PLC名称に追加。
  • [オムロンSYSMAC CJ/CS1シリーズ(上位リンク)]
    CJ2Mシリーズに対応。
  • [オムロンSYSMAC CJ/CS1シリーズ(イーサネット)]
    CJ2Mシリーズに対応。

 [Ver.3.61 → Ver.4.01(2010/06)]

   VT STUDIO Ver.3.61 → Ver.4.01

  • 「画面カタログ」を追加。
  • 「カタログ」→「部品カタログ」に名称変更。
  • 「部品カタログ」に新部品を追加。
  • インポート機能を拡張。
  • 検索範囲に「システム設定」「選択中オブジェクト」を追加。
  • 右クリックメニューに「部品属性の初期設定に登録」を追加。
  • オプション設定の部品属性に部品サイズやON/OFF銘板の設定を追加。
  • スタイルチェンジャーで銘板の文字属性の変更有無を切り替える設定を追加。
  • 文字列一覧の右クリックメニューに「複数ON」「複数OFF」を追加。
  • KV STUDIOのユニット構成情報を取り込んだ場合、デバイスコメント一覧でユニットによる絞込み表示に対応。
  • スイッチ機能に「VNCキースイッチ」「拡張コマンド通信」を追加。
  • スイッチ機能の「キー入力」に「VNCキースイッチ」「拡張コマンド通信」を追加。
  • スイッチ機能の「システム画面呼出」に「センサ設定バックアップ」「センサ設定リストア」「センサモニタ」を追加。
  • デバイスによる機能制御およびグローバル機能制御に「拡張コマンド通信」を追加。
  • 基本部品に「VNC表示」部品を追加。
  • 表部品の操作性を改善。
  • 「PLCデータフォルダ編集ツール」で入力補助情報の取り込みや表示に対応。
  • 「PLCデータフォルダ編集ツール」の操作性を改善。
  • システムメモリエリアの拡張ステータスに「センサ設定バックアップ画面表示中」「センサ設定リストア画面表示中」「センサモニタ画面表示中」ビットを追加。
  • Windows7(32ビット)対応。
  • マウスポインタを自動的に規定のボタン上に移動する設定をされている場合に、色パレットを選択するとマウスカーソルが離れた場所に移動する問題を解決。
  • 直線のサイズを数値で変更する場合に、指定した値と異なるサイズに変更されることがある問題を解決。
  • フォルダ名やファイル名に「%」が使用されたファイルを起動しようすると、VT STUDIOが強制終了する問題を解決。
  • 帳票画面に間接参照デバイスを最大数より多く配置した場合に、データチェックが正常に表示されない問題を解決。

   VT3用システムプログラム Ver.3.62 → Ver.4.01

  • システムモードに「センサ設定バックアップ」「センサ設定リストア」「センサモニタ」を追加。
  • 拡張コマンド通信機能に対応。
  • VNCクライアント機能に対応。
  • ユニットモニタに「KV-5500」「KV-EP21V」を追加。
  • ftpサーバ機能で「append」コマンドに対応。
  • ユニットモニタでR70000番以降のデバイスが表示されない問題を解決。
  • VT3-W4Tで、液晶の表示をOFFした状態からの復帰時に縦線が表示されることがある問題を解決。
  • イメージフォントを使用したサイズが大きい数値表示部品で、数値が頻繁に更新される場合に更新が遅くなることがある問題を解決。

   VT2用システムプログラム Ver.4.01

  • 変更なし

   VT3用VT-PLC情報 Ver.3.14 → Ver.4.00

  • [キーエンス KV-5000/3000,KV-L20V]
    KV-5500に対応
  • [キーエンス KV-LM20V(KV-5000/3000)]
    KV-5500に対応
  • [キーエンス KV-5000/3000(イーサネット)]
    KV-5500、KV-EP21Vに対応
  • [キーエンス KV-5000/3000,KV-L20V(XYM)]
    KV-5500に対応
  • [キーエンス KV-LM20V(KV-5000/3000)(XYM)]
    KV-5500に対応
  • [キーエンス KV-5000/3000(イーサネット)(XYM)]
    KV-5500、KV-EP21Vに対応
  • [三菱 Qシリーズ(イーサネット) MELSECNET]
    新規追加
  • [三菱 Lシリーズ計算機リンク]
    新規追加
  • [三菱 LシリーズCPU直結(イーサネット)]
    新規追加
  • [アイエイアイ X-SELシリーズ]
    拡張コマンド通信機能に対応
    S-SEL、A-SEL、S-SELに対応

   VT2用VT-PLC情報 Ver.3.47

  • 変更なし
戻る