DT-500/80 システムプログラム
内容  

DT-500/80システムプログラム Ver.1をアップデートします。 このアップデートソフトは、DT STUDIO(体験版を除く)がインストールされている環境にのみインストールできます。



アップデートの方法  
パソコン(DT STUDIO)内にあるシステムプログラムを
 アップデートする方法
  1. アップデートソフトのダウンロードを行います。
    ダウンロードソフト名をクリックします。表示される画面の指示に従って、ダウンロードします。
  2. アップデートソフトをインストールします。
    (1) ダウンロードしたファイルを実行し、インストールを開始します。
    (2) 画面の指示に従い、インストールします。
    (3)

    インストール完了後、DT-500/80本体のシステムプログラムをアップデートします。



DT-500本体のシステムプログラムだけをアップデートする
 場合の方法
  1. アップデートする前にメモリカードにストレージデータのバックアップを作成します。
  2. DT STUDIOからシステムプログラム送信をおこないます。
  3. バックアップしたデータをDT STUDIOを使用してリストアします。


DT-80本体のシステムプログラムだけをアップデートする
 場合の方法
  1. 念のためアップデートする前にメモリカードにストレージデータのバックアップを作成します。
  2. DT-500本体内にある設定データと同じ設定データをDT STUDIOから差分送信します。


DT-500およびDT-80本体のシステムプログラムを
 アップデートする場合の方法
  1. アップデートする前にメモリカードにストレージデータのバックアップを作成します。
  2. DT STUDIOからシステムプログラム送信をおこないます。
  3. バックアップしたデータをDT STUDIOを使用してリストアします。
  4. DT-500本体内にある設定データと同じ設定データをDT STUDIOから差分送信します。


DT-500本体から最新のWEBソフトをダウンロードして
 インストールする方法
 システムプログラムのアップデートが終了したら、
 以下の手順でDT-500本体から最新のWEBソフトを
 ダウンロードしてインストールします。
  1. Internet Explorerでトップページを表示し、WEBソフトバージョンをクリックします。WEBページをカスタマイズしている場合は、URLに http://(DT-500のIPアドレス)/install.html と指定します。
  2. インストールページが表示されます。WEBソフト ダウンロード をクリックします。
  3. 「ファイルのダウンロード」ダイアログで、〔保存〕ボタンをクリックします。
  4. 保存先を指定して、〔保存〕ボタンをクリックします。
  5. 保存したファイルをダブルクリックして、画面の指示に従って、インストールします。


■主な変更・修正履歴

 DT-500システムプログラム Ver.1のアップデート内容

 [Ver1.10 → Ver1.11(2005/08)]

  • トリガ個別またはロットNo.ロギングでNG判定機能を使用している場合、一旦STOPモードまたは電源断してからRUNモードにすると、完成していないレコードのうちNGの件数が14件以上あると、データを間違ったレコードに格納する問題を解決。
  • 設定データ送信後、稀に日付時刻が間違った値になり、約1時間後に正常な日付時刻に戻る問題を解決。

 [Ver1.09 → Ver1.10(2005/07)]

  • ロギング・アラームでデータのとりこぼしが発生するような頻度でロギングするなど、DT-500の内部処理の負荷が重くなったときに、ロギングモニタ・アラームモニタが起動しなくなったり、正常に動作しなくなることがある問題を解決(Ver1.09のみ)。
  • ロギング設定の内容によっては、内蔵ストレージへのデータ格納方法が最適化されていないことにより設定以下のロギング件数で内蔵ストレージがいっぱいになり、その時点で正常に動作しなくなることがある問題を解決。
  • FTPアップロードで、.xlsファイルのみのアップロードで済む場合でも、空の「(ファイル名).files」フォルダを作成してアップロードしてしまう問題を解決。
  • ビジュアルモニタのスイッチ機能(URLリンク)で、ロギングモニタまたはアラームモニタを起動するスイッチを作成した場合、作成者とアカウントの異なる人がそのスイッチを使用するとロギングモニタまたはアラームモニタが起動しない問題を解決。
  • DT-500本体から最新のWEBソフトをダウンロードしてインストールした場合、以下の問題が解決されます。
    【ロギングモニタ】折れ線/ビットトレンド/棒/積算棒グラフの場合、データテーブルのセルをダブルクリックすると、グラフ上の該当箇所にスクロールしてその位置に縦線が点滅する機能において、データテーブルのかなり上の方のセルをダブルクリックすると、グラフが拡大されてしまう問題を解決。

 [Ver1.08 → Ver1.09(2005/06)]

  • WEBサーバで、バックアップ終了間際にバックアップ進行状況が表示されるWEB画面にアクセスすると、進行状況に「Backup(0%)」と表示される問題を解決。
  • DT-500本体から最新のWEBソフトをダウンロードしてインストールした場合、以下の問題が解決されます。
    【アラームモニタ】履歴チャートを最大に拡大した状態でWEB設定保存を行って、次回そのWEB設定でアラームモニタを開いたときに、履歴チャートのヘッダ(日付時刻)の表示内容が変化してしまう問題を解決。
    【ビジュアルモニタ】部品(スイッチ・ランプ、基本部品、メータ)と図形属性制御が設定された図形が重なっている場合、部品の表示が更新されたとき、正常に表示されない問題を解決。
    【ビジュアルモニタ】言語が「英語」に設定されている場合でも、パスワード入力画面で「キャンセル」ボタンが日本語のまま表示される問題を解決。

 [Ver1.05 → Ver1.08(2005/05)]

  • アラームメール送信が完了すると、マスタ内部デバイスのメール送信状態完了ビット(Excel用)がONする問題を解決。
  • メモリカードカバーが開いているときにファイル添付のメールを送信すると、マスタ内部デバイスのメール送信状態完了ビットがONしない問題を解決。
  • メモリカード内のファイルに関して、Internet Explorerのキャッシュに入ってしまうことにより古いファイルしか取れない問題を解決。
  • メモリカードカバーを開いたときに、CARD LEDを消灯するタイミングが早い問題を解決。
  • メモリカードカバーが開いているとき、エラー履歴ファイルの取得が中断される問題を解決。
  • 以下の条件で、設定データ送信中にDT-500本体がリセットする問題を解決。
    条件:項目共通ロギングの設定で、1つ目の接続先の1つ目の項目が変わるような変更をして設定データを送信した。
  • 以下の条件で、設定データ送信をおこなったとき、ストレージデータをクリアしないで送信できる場合でもストレージデータをクリアする旨のメッセージが表示される問題を解決。
    条件:トリガ共通ロギングの設定で、いずれかの接続先の1つ目の項目が変わるような変更をした。
  • PLC通信タイムアウトエラーの英語文言を修正。
  • USBで設定データ受信中に「受信データの解析に失敗しました。」というメッセージが表示されることがある問題を解決。

 DT-80システムプログラム Ver.1のアップデート内容

戻る