DT BUILDER Ver.1
アップデートの方法  
  1. アップデートソフトのダウンロードを行います。

    ダウンロードソフト名をクリックします。表示される画面の指示に従って、ダウンロードします。

  2. アップデートソフトをインストールします。

    (1) ダウンロードしたファイルを実行し、インストールを開始します。
    (2) インストールの途中で、インストール先のフォルダ名を指定するときは、DT BUILDERをインストールしたフォルダを指定します。
    (3)

    画面の指示に従い、インストールします。



●主な変更・修正履歴

 DT BUILDER(DT-H1) Ver.1.04のアップデート内容

  • アラームトリガがON状態のまま電源を切った場合、アラームトリガがOFFした状態で電源再投入時に、アラームトリガをON状態と誤認識する問題を解決。
  • アラームトリガがON状態のまま電源を切った場合、アラームトリガがOFFした状態で電源再投入時に、アラームの累積発生時間が0になる問題を解決。
  • 電源投入時、デバイス数×データ数の積が約10000になるセル部分で、ロギングデータとして0が書き込まれることがある問題を解決。
  • 時刻トリガ・時刻範囲トリガのレベルと、RUN直後発生するエッジトリガとの組み合わせトリガを設定した場合、AND条件でトリガが発生しない問題を解決。
  • 拡張メモリを増設していない状態のKV700を使用している際に、使用できないDMデバイスをファイル名に付ける場合、実行時に不定な値が使用される問題を解決。
  • システムメモリエリアなどからRUN→STOPモードに切替えているタイミングでメモリカードカバーをOPENしても、OPENと認識されない問題を解決。
  • メール送信でデバイス値付加設定の場合、通信処理中にRUN→STOPモード切替をすると同じ設定のメールが送信できなくなる問題を解決。
  • ロギングの最後のデータの取得中にRUN→STOPモード切替をすると終了後処理がおこなわれない問題を解決。
  • イベントフォーカスファイルの保存が終了するタイミングでRUN→STOPモード切替すると以後のイベントフォーカスが保存できなくなる問題を解決。
  • メモリカードの空き容量が不足した状態で、1回目のファイル保存実行中にRUN→STOPモード切替をおこなった場合、ファイル保存が失敗するとモード切り替えが終了しない問題を解決。
  • メールの送信者名、タイトルに、”<”や“>”が含まれる場合に、送信者名、タイトルの文字表示が正常におこなわれないことがある問題を解決。
  • プロジェクト名に全角マイナスなどの一部の記号を使用すると、パソコン上でアクセスできないファイル名になる問題を解決。
  • IEなどのWEBブラウザのURL入力欄に入力された文字が1006バイトを超える場合、WEBサーバが応答しなくなる問題を解決。
  • FTPサーバ使用時、書き込み時にファイル名のアルファベットの半角と全角が区別できていない問題を解決。
  • メール送信時にCSVファイル添付をおこなった場合、プロジェクト名が全て半角文字の場合にOutlookやOutlook Expressなどでファイル名にシート名が付加されない問題を解決
  • 複数のブラウザから1台のDTのWEBサーバを参照することを繰り返しおこなう場合に、DTのWEBサーバが応答しなくなることがある問題を解決。
戻る