PROTOCOL STUDIO Ver.2
アップデートの方法  
  1. アップデートソフトのダウンロードを行ないます。

    ダウンロードソフト名をクリックします。表示される画面の指示に従って、ダウンロードします。

  2. アップデートソフトをインストールします。

    (1) ダウンロードしたファイルを実行し、インストールを開始します。
    (2) インストールの途中で、インストール先のフォルダ名を指定するときは、PROTOCOL STUDIOをインストールしたフォルダを指定します。
    (3)

    画面の指示に従い、インストールします。



●主な変更・修正履歴

 PROTOCOL STUDIO(KV-H1RW) Ver.2のアップデート内容

 [Ver2.02 → Ver2.03(2007/12)]

  • マクロの送信フレーム、受信フレーム設定において、プルダウンリストで設定した内容が、再度設定ダイアログを開いたときに
    反映されず、初期値に戻る問題を解決。
    (Ver.2.02のみで発生する症状)

 [Ver2.01 → Ver2.02(2007/11)]

  • 「外部機器の選択」に「超高速デジタルカラー画像センサ
    CV-5000」を追加。
  • トレース画面でモニタ中にPLCの電源を切ったあと、トレース画面を閉じると応答なしとなる問題を解決。
  • SJ-Gの『イオンDUTY設定(SA)』のマクロ名を
    『イオンDUTY設定(SD)』に変更。
  • IAI(アイエイアイ)ROBOCYLINDERシリーズのマクロにおいて、
    『ReadCoilStatus(01)』のコマンド"01"、
    『ReadExceptionStatus(07)のコマンド"07"、
    『ReportSlaveID(17)』のコマンド"17"の各部分をデータ要素からヘッダ要素へ移動。

 [Ver2.00 → Ver2.01(2007/9)]

  • トレースを繰り返し長時間行なうと異常終了することがある問題を解決。
戻る