社員インタビュー

■現在の仕事内容

営業所の活性化には、秘密がある

私の役割は、営業所全体を見通してみんなで業績を上げられる環境をつくること。お客様からいただく電話の対応や伝票整理、見積作成等の事務を中心に、営業所の運営に関わる経理・総務的な業務も行っています。ここで大事なのは、正確性と観察力。「何か滞っているものはないか?困っている人はいないか?もっと改善できるものはないか?」常に営業所の隅々までいろいろな角度から見ています。

何かを良くするには、まずは気づくことから。そして、上手くいっていない原因や改善の余地があるポイントを、「一緒に変えていきましょう!」というスタンスでまわりに発信しています。本当に自分がここで役立ちたいと思うのなら、自分の気づきには責任と自信を持って周りを巻き込んでいかないと!営業所のみんなが一体となって数字を上げていけるような仕掛けを提案し、各グループの責任者に協力を求めて全員に当事者となって参加してもらえるようにしたり。誰かが契約を取れたら全員で喜んだり!営業所の活性化こそがそれぞれのパフォーマンスアップにもつながるので、そこに私の気づきを役立てていきたいと思います。

■キーエンスのここが好き

小さな気づきが、まわりを動かす

実は、自分の思うことを発言するのは苦手な方なんです。でも私が提案したちょっとした「気づき」でも、ミーティングで取り上げてもらえたり、チームで話し合われるなど、誰かが受け止めてくれることが嬉しくて、些細なことでも改善につながることであれば積極的に発言するようになりました。それに、自分の仕事で困っていることがあればそれも気軽に相談できるので、一人ひとりの「気づき」が共有されて業務の効率アップやみんなの働きやすさに反映されていくのが実感できます。

自分の発言でより良い方向へ変えることができるなんて、入社する前は思ってもいませんでした。もっともっと業績の上がる営業所づくりをしていくために、私自身の役立度も高めていきたいと思います。

■入社前後でのギャップ

徹底した研修&フォロー!

入社にあたっての唯一の心配事は、仕事が覚えられるかどうか…でした。きっと身につけるべき知識がたくさんあるから、自力で頑張れって言われるんだと思ってました。正直、とっても厳しいイメージがあって不安でした。でもそれは、入社後すぐに解消されましたね。実務研修がしっかりあって、誰が見てもわかるマニュアルもあって、つきっきりで先輩に教えてもらえたり。3ヶ月後、6ヶ月後には、全国の新人業務が集まって行う総合研修もあって、みんなが同じスキルを身につけられるような育成カリキュラムが綿密に組まれていました。

新しいことを学ぶだけでなく定期的に振り返りも行えて、自分の苦手分野はオリジナルのテスト問題に取り組むことで克服していくことができました。研修だけに限らず、普段の業務の中でミスが続くものがあれば先輩が一緒に振り返ってくれて、毎月テーマを決めて集中して強化していけるのも心強かったですね。わからないことは、いつでも誰にでも聞ける!それは今でも変わりません。

就活生へのメッセージ
「どんな環境で働きたいか」も
大事な判断基準です

就職活動は、自分と向き合うことのできる貴重な時です。私はやりたいことがなかなか明確にならなくて、すごく悩みました。でもそれがあったから、「ここで働きたい!」という会社に出会えた時に、自分の気持ちに正直になることができました。「オープンでフラットな社風」「言いたいことが言える風土が根づいている」と聞いて、ここでなら焦らず自分らしく主体性を発揮していけるんじゃないかと道が拓けたような気がしました。不安になることもあるかと思いますが、自分に自信をもって頑張ってくださいね!

社員インタビュー
  • 前田 朋樹
  • 大沼 愛
  • 原 太平
  • 野田 晋司
  • 望月 洋輔
  • 山中 美沙
  • 山田 康太
  • 近藤 智章
  • 金子 桂輔
  • 川端 慶次郎
  • 橋本 冴華
  • 後藤 早紀
  • 大野 應好
  • 槻木 伸一