トップメッセージ

キーエンスが大切にしていること

株式会社キーエンス 代表取締役社長 山本 晃則

キーエンスの商品は、どれもモノづくりにはなくてはならないもので、「日本そして世界中のモノづくりを根底で支えている」という誇りがあります。その中でキーエンスの考える「社会貢献」とは、今まで世の中になかった価値を生み出し続けること。つまり付加価値の創造が私たちの役割だと定義しています。

「お客様の実現されたいことは何か? 何が課題となっているのか?」
この観点で、 これまでにない特徴を持った【商品】の付加価値と、お客様の課題解決につながる【営業】の付加価値を高いレベルで提供できるように日々努力しています。

私たちが付加価値を高めていくために、外せないものの一つに”目的意識”があります。「その仕事は何のために行っているのか?」といった仕事の目的を自問自答することを大切にしているのです。

目的が曖昧なものであっては、満足のいく成果が得られるはずもありません。逆に、目的さえ明確で的を射たものであれば、具体的な手法は担当者に任せるようにしています。任される側にとっては、そこに創意工夫を活かす余地があり、やりがいやモチベーションアップ、さらに自己成長の機会にもなりえます。仕事を進める中で、良いことは量を多く、深めていき、そしてあまり効果がないことに関してはやめてみる。限られた時間の中で効率的にアクションを進め、お客様の業績向上につながる提案へと結びつけていきます。

その結果、お客様とWin-Winの関係が構築できれば、新たな課題が発生した際もキーエンスにご相談いただける可能性が高くなります。大切なのは、本当の意味で社会の役に立ちながら事業を展開させていくこと。私自身もこれを大きな使命だと思って、毎日の仕事に向き合っています。

就活生へのメッセージ

キーエンスは自己成長意欲の高い方にとって、絶好のフィールドだと思います。

「若手に仕事を任せる」仕組みがあり、キーエンスは早い段階から実務を通して仕事の本質的な進め方と良い結果を出すためには何が必要かを学べる環境があります。また「オープンマインド」という言葉で表現される、風通しの良さも成長には欠かせません。年齢や社歴を問わず、正しいことは採用していく風土が定着しています。そこから、物事を論理的に考えることや主体的に行動していく姿勢が磨かれていきます。

そして、キーエンスの何よりの自慢は、「働く社員一人ひとり」にあります。

高いモチベーションを持ち、互いに良い刺激を受けあって共に成長している心強い先輩達が、皆さんをお待ちしています。キーエンスのビジネスフィールドは、まだまだ拡大の余地はありますし、グローバルに考えると未開拓なエリアも存在しており、企業として成長し続ける余地は大きいと考えています。自己成長とともに、会社・事業の拡大にも影響力を発揮したいという高い意欲・情熱を持った方に、ぜひ当社に来て欲しいと思います。