SQCスマート導入講座
第1回:員数検査のデータシートを作る

第1回:員数検査のデータシートを作る

員数の検査は、決められた個数の部品や製品があることを確認する検査です。
具体的には、納品されたケースに決められた数の部品が入っているか、出荷するケースに決められた数の製品が入っているかなどを検査する作業です。個数は多くても少なくても異常です。また、1台の製品に決められた数の部品が使われているかという検査も含まれます。
そして、これらは「員数管理」といわれる品質管理の1つで、原料の受け入れや製造工程から出荷工程まで、ものづくりの広い分野で行われています。

員数管理で判明する値は「計数値」です。計数値は、「1・2・3...」という自然数で表現できる量で、数えることができます。
これに対し、長さや厚さ、幅・高さ・面積といった外観寸法や重さ・温度など連続した量は「計量値」で表され、値は「0.1、0.01、1.0、1.1」などの少数を含む連続した値です。
たとえば、納品数や適合品・不適合品の数などは計数値です。そして、ロット中の不適合品の割り合い(不適合品率)や手直し率は「計数値/計数値」、単位当たりの不適合数は「計数値/計量値」ですが、これらも計数値になります。
ここでは、ものづくりの現場における品質管理をテーマに、員数管理の解析を「QC七つ道具」の1つであるp管理図の作成を通じて解説します。

この記事でわかること
管理図とは
管理図の構造
管理図のメリット
データシートの作成
不適合品率と平均不適合品率を求める
上方管理限界線(UCL)と下方管理限界線(LCL)の計算
信頼性の高い検査データを得るには

この先はWeb会員登録(無料)が必要です。以下よりWeb会員登録・ログインをお願いします。

まだ登録がお済みでない方

新規会員登録が必要です。資料ダウンロードやお申し込みがワンクリックでご利用いただけるようになります。
ご登録は無料です。

氏名必須
--
-
最新情報ご案内任意