SQCスマート導入講座
第2回:データシートからp管理図を作る

SQCスマート導入講座 第2回:データシートからp管理図を作る

前回の「員数検査のデータシートを作る」で作成したデータシートを基にp管理図を作成してみましょう。
管理図は、表やグラフと異なり、時系列に沿って品質の変化を読み取ることができるQC七つ道具の1つです。
ここではp管理図の作成を通じて、データシートを作成する際に行った計算や算出されたさまざまな値について、理解を深めたいと思います。

p管理図とは

検査個数の大きさに対する不適合品(不良品)数の割り合いや比率を用いて、工程を評価するための管理図です。また、「不良率管理図」ともいわれます。p管理図の「p」は、Proportion chart(またはProportion control chart)の頭文字をとったものといわれています。

割り合いや比率を管理するため、検査個数が一定でない場合でも対応できます。たとえば、不良個数では管理できない場合などに用いられ、ロットごとに不良率を求め管理限界線とともにグラフに記載します。時間の経過に伴う工程の安定性を監視することができるため、工程の不安定性の原因を特定し、是正することができます。

この先はWeb会員登録(無料)が必要です。以下よりWeb会員登録・ログインをお願いします。

まだ登録がお済みでない方

新規会員登録が必要です。資料ダウンロードやお申し込みがワンクリックでご利用いただけるようになります。
ご登録は無料です。

氏名必須
--
-
最新情報ご案内任意