切らずに断面測定
全方位スキャンによる360度方向すべてから測定可能な
3Dスキャナ型三次元測定機 VLシリーズによる仮想断面測定事例のご紹介
3Dスキャナ型 三次元測定機 VLシリーズ
デフケースの製造誤差測定
  • ダイカストを測定する場合は、姿ゲージなどの検査治具を用いて、
    三次元測定機でポイントでの測定をする必要があります。
    製品ごとに決められた項目を測定し、寸法の確認をおこないます。
  • トライ品のスキャンデータとCADを重ね合わせ、全体の歪みや設計データとの差異を
    可視化します。修正箇所を素早く正確に確認することで、金型の修正ループ短縮に繋がり、これまでより金型の改善に時間を割くことができます。
ヒートシンクのフィンの評価
  • ヒートシンクのフィンは、ピッチが小さく、かつ、奥まっているので、
    接触式測定機では底面までの測定は困難でした。
  • ヒートシンクの断面を仮想的に切断することで、フィンのピッチや高さの測定、また、ダイカストで必要な抜きテーパーの角度を非破壊で測定することができます。事前に測定項目を登録できる解析テンプレートを使用し、フィンの形状解析を短時間でできるので、これまで時間がかかっていた、またはできていなかった測定が短時間で可能になります。
スプリングバック解析
  • トライ打ちした製品を、ノギスや三次元測定機で測定します。
    しかし、全体形状を把握することができないので、スプリングバック補正後、
    測定→修正→試し打ち→測定→…を繰り返す必要があり、時間工数・コストがかかります。
  • 全体形状をスキャンデータとCADを重ね合わせて比較することで、スプリングバック
    補正前後の変化を正確に解析することができます。これにより、トライアウトの精度向上、修正ループにかかっていた時間工数コストを削減することができます。

詳細はカタログをダウンロードして
ご覧ください。
テスト測定のご依頼は次ページより
「商品を試したい」にチェックを入れて
お申し込みください。

お気軽にお電話ください
0120-122-134
受付時間 8:30~20:00(土日・祝日除く)

こちらからダウンロードしてください

まだ登録がお済みでない方

新規会員登録が必要です。資料ダウンロードやお申し込みがワンクリックでご利用いただけるようになります。
ご登録は無料です。

氏名必須
--
-
最新情報ご案内任意