超ワイドレンジモデルもラインナップ

あらゆるワーク・レンジに幅広い対応力

測定幅 最大720mm

シリンドリカルレンズ 大口径受光レンズ 高精細CMOS

超高精細測定従来比4倍

業界最高3200point/profileの超高精細測定により、対象物を極めて正確に形状描写できます。「ありのままの形状」を表現することで、正確な測定・検査が可能になります。

従来LJ-X8000シリーズ

「インライン」で全数検査

「全方向位置補正機能」により、対象物の位置決め等の条件に左右されず、インラインでの全数検査を行うことができます。

従来 基板に位置ズレや傾きがある状態で測定すると正しく検査ができません。 LJ-X8000シリーズ 「全方向位置補正機能」により、ワークの位置ズレや傾きを認識して自動的に補正することで、安定した検査が可能です。

STEP1 撮像設定 STEP2 検査ツール設定 STEP3 位置ズレ補正 設定完了!

3STEPの簡単設定

測定・検査に必要な設定は、わずか3STEP。これまで複雑な設定や高度なプログラミングが必要だった測定・検査を誰でも簡単に行うことができます。

「計測ツール」を選ぶだけで、さまざまな測定が可能

アプリケーション例

  • 金属部品の溝幅・深さ測定
  • 溶接前の開先位置測定
  • フィルムのしわ・たるみ
  • シール材の高さ・体積
  • レーザー溶接のビード形状検査
  • タイヤの嵌合・文字検査

詳しくは、ぜひカタログをダウンロードして
ご確認ください。

こちらからダウンロードしてください

まだ登録がお済みでない方

新規会員登録が必要です。資料ダウンロードやお申し込みがワンクリックでご利用いただけるようになります。
ご登録は無料です。

氏名必須
--
-
最新情報ご案内任意