目視で確認をしており、見落としがある。 段取り替えや治具の交換が毎回あるので大変。 ワークにより検出出来ないことがある。

あてはまれば、作業効率が落ちているかもしれません・・・。 現場の形状検査の課題 (その理由は?) 目視では精度に限界がある 段取り替えがひと苦労 汎用センサは位置ズレに弱い 汎用センサでは判定自体できないワークがある

形状を輪郭でとらえて正確に検査できる!

部品の形状検査は目視や汎用センサでは対応が難しいものもあります。IVシリーズは対象を輪郭で捉えるので、形の違いだけではなく、大きさやさらに位置関係の違いで精度の高い判別が可能になり全数検査も実施できます。

ワークの位置ズレや回転も補正して検出!

IVシリーズはワークを面で捉えるので、ライン上の位置ズレを許容範囲内であれば補正して検出します。また、360°追従の位置補正機能を標準搭載しているので、回転方向の位置がずれても、安定検出が可能です。これまで検出エラーが発生する都度修正していた手間がなくなります。

電機・電子業界 コネクタ部品のロック確認

コネクタのロック状態を確認することで、半抜け状態での出荷による接触不良を防ぎます。反射が不均一な金属と樹脂の混在ワークでも形を見ることで安定検出が可能です。

半ロック状態

食品・薬品業界 賞味期限印字の有無判別

製品の品種違いを印字された製品の品種違いを、判別します。背景色の影響を気にする必要が無いだけでなく、画面全体からパターンを探すことができるため、搬送状態で位置ズレが生じても安定検出が可能です。

品種違い

自動車・金属業界 刻印違いによる車型判別

多品種対応ラインでの車型の違いを、製品に
打たれた刻印から判別します。ワークの反射が不均一で難易度の高い金属面の彫刻でも、絵作りができます。特許出願中のHS-HDR機能により、ワークの反射光のバラつきをキャンセルして検出します。

刻印違い

ほかにも便利な機能が盛りだくさん!

キーエンスの画像判別センサ IVシリーズ

さらに詳しく知りたい方は
カタログ・アプリケーション事例集を
ダウンロードしてください。

こちらからダウンロードしてください

まだ登録がお済みでない方

新規会員登録が必要です。資料ダウンロードやお申し込みがワンクリックでご利用いただけるようになります。
ご登録は無料です。

氏名必須
--
-
最新情報ご案内任意