従来のレーザセンサよりも
IXシリーズが優れている理由

新商品 カメラ内蔵レーザ変位センサ
IXシリーズ

カメラ内蔵レーザ変位センサ IXシリーズ

ワークが傾いても、安定検出

事例ワッシャの有無判別

従来
従来
ワークの傾きや個体差などでレーザのあたる高さが変わり、検出が不安定になることがありました。
IXシリーズ
IXシリーズ
高さの差を1台で判別するので、基準がズレたとしても安定検出が可能です。

ワークがズレても、対象物を追いかけて判別可能

事例ボルトの高さ判別

従来
従来
ワークの位置や向きがズレるとレーザのあたるポイントが変わり、誤検出していました。
IXシリーズ
IXシリーズ
レーザがワークの位置・向き・姿勢を追いかけるので、常に狙った箇所の判別が可能です。

誰でも簡単なフレキシブル設置

従来
従来
検出箇所やセンサに合わせて、装置や治具を設計・制作する必要があります。
  • センサ複数台を正確な位置に設置
  • ワーク位置矯正のためにガイドを設置
  • PLC で複数センサの出力を演算
IXシリーズ
IXシリーズ
検出箇所はセンサ自身が探すため、
設置のコスト・手間を大幅削減できます。

詳しくは、ぜひカタログをダウンロードして
ご確認ください。

こちらからダウンロードしてください

まだ登録がお済みでない方

新規会員登録が必要です。資料ダウンロードやお申し込みがワンクリックでご利用いただけるようになります。
ご登録は無料です。

氏名必須
--
-
最新情報ご案内任意