せっかく導入した画像センサ。

検査項目ごとにプログラムを作る必要があり、工数が掛かる

多品種のため、設定作成頻度が高い

検査領域が複雑な場合、細かく領域設定するか、輪郭部などギリギリの際どい部分は検査対象外としていた

良品のばらつきに対応できない(誤判定が多い)

画像処理は設定が難しいイメージがあり、しきいが高い

安定して運用できていない

なんてことありませんか?

たったひとつのツールでお悩み解消。プログラム作成不要で工数削減!

それは

学習検査ツール

良品に存在する個体差を画像センサが学習し、それと違うものを不良品として認識する、限りなく人間の感覚に近いアルゴリズムを搭載。プログラムを作成しなくていいので、毎回の設定工数を削減します。

良品を流すだけで → 設定完了!

新発想! 学習した良品と異なるもの=不良品 として検出します。

今までの「できない」を「できる」に。

学習検査ツールによる改善事例について、
詳しくは、こちらの資料をご覧ください。

こちらからダウンロードしてください

まだ登録がお済みでない方

新規会員登録が必要です。資料ダウンロードやお申し込みがワンクリックでご利用いただけるようになります。
ご登録は無料です。

氏名必須
--
-
最新情報ご案内任意