高まる衛生製品の需要

製造現場の最新情報

マスクや衛生製品の需要が高まっている今。
今後も継続すると想定されるマスク需要に対して、製造時の自動検査の必要性も高まっています。

マスク検査の最新情報

従来、異物混入や成形不良などの不良品検査は目視検査が一般的でした。
しかし、急増するマスクの需要により目視検査では生産が追い付かないのが、今の製造現場の実情。
また、マスク検査には特有のノウハウが求められ、検査機の導入には十分な注意が必要です。

ノーズフィット有無・位置検査、溶着検査、ゴム紐検査、表面異物検査

キーエンスの画像センサは豊富な実績があり、
国内外問わず導入されています。
どのような実績があるのか、なぜキーエンスの
画像センサが使われているのか。
資料では、日用品/サニタリー業界を中心に事例を
まとめて紹介しています。