増産が相次ぐ医療用容器

製造現場の最新情報

医療用容器の生産が活発になっています。
従来、目視で確認していた不良品も増産による生産数の増加で対応しきれないケースも出てきています。

バイアル瓶の代表的なアプリケーション

バイアル瓶の完成品検査を行うためには製造設備の設置の制約や振動を考慮しなくてはなりません。
特有のノウハウが求められ検査機の導入には十分な注意が必要です。

瓶の口欠け検査、キャップの斜めかぶり、液面レベル検査、ゴム栓の外観検査、胴部のひび割れ検査、液中異物検査

キーエンスの画像センサは豊富な実績があり国内外
問わず導入されています。
資料ではバイアル瓶だけでなく食品・製薬業界の
様々な検査事例をまとめました。
ぜひご確認ください。