【新商品情報】 高精度に“瞬間3D測定”白色干渉3D変位計「WI-5000シリーズ」発売。詳細は こちら!

オートフォーカス コードリーダ
SR-1000 シリーズ

高性能を簡単に使う

進化した設定ソフトウェア
AutoID Network Navigator SR-H5W NEW

設定ソフトは機器の設定だけでなく、事前のテスト工数を削減する機能を搭載しました。また、SR-H5W ではUSB接続に新たに対応しました。(SR-1000シリーズのみ)

  1. モニタモニタを見ながら、コードの位置を調整します。
  2. オートフォーカスフォーカスを自動で調整します。
  3. チューニング約75万通りのパラメータと偏光フィルタ有効/無効を自動で調整します。
チューニング状況モニタリング
画像処理フィルタや明るさなどの多数の組み合わせの中から、最適設定を自動的に導き出します。

詳細設定

<詳細設定可能な項目>

撮像範囲

範囲が狭いほど読み取り時間が短くなります。800×600、1280×1024、ユーザ指定から選択します。

偏光フィルタ

有効、無効を選択できます。

対象バンク(カスタムモード時のみ)

設定するバンク番号を指定できます。

チューニング履歴(カスタムモード時のみ)

チューニングの履歴を確認することができます。

読み取りコード数

一度に複数コードを読み取る場合の個数を指定できます。

Ethernet 通信設定ウィザード NEW

ビジュアルで解かりやすい4ステップ質問回答形式による簡単設定。これまでは画面上の設定可能内容を理解し、入力が必要な項目の抽出作業が必要でした。新しいウィザード形式では、これらの抽出作業が不要となり、通信設定の工数を大幅に削減しました。

step1タイミング入力設定(I/O入力、コマンド入力)

step2読み取りデータ出力先(フィールドネットワーク、PC)

step3通信プロトコル(EtherNet/IP、PROFINET、TCP、UDP、PLCリンク)

step4 詳細設定(プロトコルに応じた詳細設定)

読み取り深度測定 NEW〈特許出願中〉

実際のラインや装置でワークの読み取りテストをしなくても、設置した距離とチューニングしたコードで読み取り深度の目安がわかります。
(設置距離が変わる場合、再チューニングで読み取り可能となります。)

対応ライン速度測定 NEW〈特許出願中〉

追従可能なライン速度を事前に確認できることでライン設計や冶具の調整など、調整工数を削減可能です。

ページTOPへ

BL/SR/RFシリーズ ユーザーサポート

安心のユーザーサポート

バーコードに関する知識を習得

資料ダウンロードサイト

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-764-636

個人情報・お客様情報保護方針