【新商品情報】 位置ズレしても安定検出ができる!エリアで検出する光電センサ「AIシリーズ」詳細は こちら!

プログラマブル コントローラ
KV-5000/3000 シリーズ

モーションを、もっと自由に、もっとシンプルに解決する 位置決め・モーションコントロールシステム KV MOTION

今すぐカタログを見る

INDEX

共通特長パルス列タイプ省配線タイプ

共通特長 位置決めから、同時制御まで1ユニットで対応

コストダウンを実現

従来の位置決めユニットと同等の価格でモーション制御に対応しているので導入時の大幅なコストダウンを実現。また、KV-ML16Vでは最大16軸の制御に対応でき、多軸制御のコストダウンも図れます。

位置決めユニットの感覚で同期制御を導入

KV-Mシリーズは、位置決めユニットクラスの価格帯ながら標準で同期制御が可能です。高価なモーション専用ユニットを選定する必要がないので、位置決めユニット感覚で同期制御を導入できます。

レンズの研磨工程 水平移動と研磨部の同期制御

専用言語不要のソフト開発

位置決め、同期などすべての制御をパラメータ方式で実現。専用言語不要なので、簡単に導入していただけます。また、ユニットの初期設定など、必要なソフトウェアはKV STUDIOに標準搭載の「KV MOTION+」にすべて収録しています。

専用言語不要でプログラミング

KV-Mシリーズの同期制御は、パラメータによる設定方式で実現可能。ラダープログラムやモーションフローで、簡単に同期制御を行なえます。従来モーション制御に必要だった専用言語は不要です。

さらに対応力が増した位置決め・モーションユニットはこちら

パルス列タイプ 充実の位置決め制御機能

起動時間0.6ms

位置決めパターン演算の高速化により、運転開始指令を受けてからパルスを出力するまでの速度を従来比2.5倍の0.6msに短縮。より高速なレスポンスでモータを駆動できます。※ 独立運転時

パルス出力最大4MHz

高速かつ、高精度な位置決め要求に対応できる最大4 M H zのパルス出力が可能です。リニアモータやDDモータなど、分解能が高くスピードが要求されるモータの制御に対応することができます。

キャッシュスタート

あらかじめ高速に出力したいポイントをキャッシュ登録することで、CPUユニットのスキャンタイムや位置決めパターンの演算時間の影響を受けずに、起動速度を大幅に短縮することができます。

さらに高速な位置決め・モーションを制御するには

省配線タイプ MECHATROLINK-II対応で自由自在なシステム設計

省配線ながら、最速1msの高速起動を実現

KV-ML16Vは、省配線タイプ(MECHATROLINK-Ⅱ)でありながら、従来のパルス列タイプと同等の高速性を実現。 さらに、キャッシュスタート機能を使用することにより、高速な位置決めが可能です。

MECHATROLINK-Ⅱ対応機器に接続可能

MECHATROLINK-Ⅱ対応の様々な機器に接続可能。
他社製のリニアモータやステッピングモータにもフレキシブルに対応できます。

Ethernet通信可能なMECHATROLINK-Ⅲ対応ユニットはこちら

カタログで詳しく見る

NEW 位置決め・モーションシステム一新。
KV-X MOTION新登場

今すぐカタログを見る

見積、詳細説明、各種ご相談

お見積りはもちろん、導入のご相談や、機種選定、設置方法の確認など、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
専門のセールスエンジニアがお答えいたします。

キーエンスに相談する

各種ご相談はお電話でも承ります。電話がつながりましたら、「KV MOTIONについて聞きたい」とお伝えください。専門の担当におつなぎいたします。 フリーダイヤル0120-587-877 ※最寄りの営業所に繋がります。

通信とネットワークを解説

制御機器FAQ

安心のユーザーサポート

お問い合わせ内容 必須

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-587-877

個人情報・お客様情報保護方針