高精度形状測定システム
KS-1100 シリーズ

多彩な測定が可能に

豊富な機能で多彩な測定が可能に

業界初

X-Y測定モード搭載

ワークの寸法測定を行なうのに最適なX―Y測定モードを搭載しました。ステージを動かしながら対象物の両端で測定ボタンを押すとXYZ座標のデータをExcelに直接書き込み、対象物の幅測定ができます。またワーク端面を自動認識する「オートエッジ機能」を標準装備していますので簡単に寸法測定ができます。

サムネイル表示付ファイルセレクタ

多数のファイルを管理するためにサムネイル付きのファイル管理ソフトでデータを一括表示。エクスプローラ風の画面で簡単に操作可能です。

拡大・縮小とスクロール操作が楽なズームダイアログ

大きな測定データの拡大・縮小や表示位置の移動には画面のあちこちにマウスを移動させる必要があるなど、面倒なことがありました。ズームダイアログを使用すればサムネイル画面を見ながら表示位置の拡大・縮小や表示位置の移動がワンクリックで可能です。

最適な解析処理のための補正機能

測定データの傾きを自動で補正する「傾き補正機能」や急激に変化したデータをキャンセルする「平滑化」など最適な解析処理のための補正機能を搭載しています。安心して測定が可能です。

解析結果のレポートを簡単出力

カラー画像やプロファイルの波形などを測定結果とあわせて分かりやすくレイアウトする「レポート作成」機能を搭載。煩わしいレポート作成が簡単になりました。また測定・解析結果は、CSV形式でも出力可能です。