超高速・高精度レーザ変位計
LK-G5000 シリーズ
コントローラ PNPタイプ LK-G5001P

仕様

型式

LK-G5001P

種類

分離型 メインコントローラ

ヘッド互換性

あり

ヘッド接続台数

2 台

表示

最小表示単位

0.001 µm

表示範囲

±999.999 µm ~ ±9999.99 mm (7 段階選択可能)

表示周期

約10回/秒

表示インターフェース

DISPLAY ポート

表示ユニット (LK-HD500)
または専用タッチパネル (LK-HD1000)
いずれか1台を接続可能

LED 表示

LASER ON

端子台

アナログ電圧出力

±10V 出力インピーダンス 100Ω*1

アナログ電流出力

4 ~ 20mA 最大負荷抵抗 350Ω*1

アナログ出力数

2*1

タイミング 1 入力

電圧入力*1*2

リセット 1 入力

オートゼロ 1 入力

レーザーコントロール入力

電圧入力*1*3

レーザーリモート入力

無電圧入力*1*4

アラーム出力

PNPオープン
コレクタ出力*1

総合判定出力

拡張コネクタ

タイミング入力

電圧入力*1

リセット入力

オートゼロ入力

プログラム切替入力

バイナリ選択入力

アラーム出力

PNPオープン
コレクタ出力*1

判定出力

バイナリ出力

RS-232C インターフェース

ボーレート9600 ~ 115200bps データ長8bit
ストップビット1bit パリティなし/偶数/奇数

USB インターフェース

USB Revision2.0 ハイスピード準拠*5

Ethernet インターフェース

100Base-TX/10Base-T*6

EtherNet/IPTMインターフェイス

サイクリック通信 (Implicitメッセージ) メッセージ通信 (Explicitメッセージ)、
UCMMおよびClass3 コネクション数32 コンフォーマンステスト Version.CT14に対応*7

PLCリンク

三菱電機㈱製 MELSEC iQ-Rシリーズ、iQ-Fシリーズ、Qシリーズ、Lシリーズ、FXシリーズに対応
EtherNet/IPTM、CC-Link、DeviceNetTMとは排他使用

増設ユニットコネクタ

メインコントローラ1台に最大10台までヘッド増設ユニットを接続可能

拡張ユニットコネクタ

CC-Linkユニット (LK-CC100)
DeviceNetTMユニット (LK-DN100)
いずれか1台を接続可能

電源

電源電圧

DC+24V±10%

最大消費電流

ヘッド1台接続時:0.6A以下/ヘッド12台接続時:3.5A以下

耐環境性

使用周囲温度

ヘッド増設ユニット数 1 台以下:0 ~ +50 ℃
ヘッド増設ユニット数 2 台以上:0 ~ +40 ℃

使用周囲湿度

35 ~ 85 % RH (結露しないこと)

質量

約 600 g

*1 NPNオープンコレクタ出力定格:最大50mA (40V以下)、残留電圧0.5V以下 ・ PNPオープンコレクタ出力定格:最大50mA (30V以下)、残留電圧0.5V以下
無電圧入力定格:ON電圧1V以下、OFF電流0.6mA以下 ・ 電圧入力定格:入力最大定格26.4V、ON電圧10.2V、OFF電流0.6mA
*2 同期設定されたOUT番号すべてに機能します。
*3 レーザクラス3Bのセンサヘッドが接続された場合、キースイッチを用いて入力してください (短絡時レーザがONします)。
レーザクラス1/2/3Rのセンサヘッドが接続されている場合は開放時レーザON短絡時レーザOFFとなります。
*4 レーザクラス3Bのセンサヘッドが接続された場合、キースイッチを用いて入力してください (短絡時レーザがONします)。
*5 USB Revision1.1、USB Revision2.0フルスピードのパソコンに接続した場合データ更新周期などが遅くなる場合があります。
*6 Ethernet接続はパソコンと1:1接続、またはパソコンとLK-G5000シリーズのみのローカル接続としてください。
*7 CC-Linkユニット、DeviceNetTMユニット装着時には、EtherNet/IPTMインターフェースは使用できません。EtherNet/IPTMは2018/3/23以降に出荷したコントローラより対応しています。