三次元測定機なのに温度管理不要!現場に置いてノギス感覚で使える「XMシリーズ」詳細は こちら!

ダブルスキャン高精度レーザ測定器
LT-9000 シリーズ
センサヘッド 輸出規制非該当品 カメラ機能あり LT-9031M

仕様

型式

LT-9031M

種類

ロングレンジ

測定範囲

±1.0 mm

基準距離

30 mm

光源

種類

赤色半導体レーザ

波長

655 nm (可視光)

出力

最大170μW

クラス

JISクラス1

スポット径

約ø7μm

スキャン幅/間隔

0 ~ 560 μm (6段階)/1 ~ 8 μm (4段階)

分解能

0.3 µm*1

直線性

±0.3% of F.S.*1

サンプリング周期

640μs ~ 187ms (14段階)

表示

最小表示単位

0.1 μm

表示範囲

±9999.99μm

マイクロスコープ機能

あり

表示周期

10回/秒*2

端子台

アナログ出力

±10V×2出力、出力インピーダンス100Ω

タイミング入力

無電圧入力

リセット入力

オートゼロ入力

モニタ専用電源

DC24V*3

コントロールI/O

判定モード

3段階判定出力

OUT1、OUT2用 NPNオープンコレクタ出力*4

バイナリモード

バイナリ出力

測定データ出力 (21bit) OUT1/OUT2/形状選択可 NPNオープンコレクタ出力*4

ストローブ出力

NPNオープンコレクタ出力*4

バイナリ選択出力

バイナリ選択入力

無電圧入力*4

スタビリティ出力

NPNオープンコレクタ出力

レーザリモート入力

無電圧入力

プログラム切換入力

無電圧入力×3入力

RS-232Cインターフェース

測定データ出力および制御入出力 (ボーレート115200bit/sまで選択可)

ビデオ出力

NTSC準拠 (PINコネクタ)

マイクロスコープ機能

機能有無

あり

視野

2.5 mm×2.0 mm

種類

使用可能

照明光源

赤外LED (波長870nm)

主な機能

変位モード

変位測定機能、透明体厚測定機能、測定対象選択機能、ダークアウト機能、マスク機能、トレンドグラフ表示機能、スキャン幅/間隔変更機能*5

形状モード

共通

光量積算機能、マイクロスコープ機能、公差判定機能、
8プログラムメモリ機能、校正機能、平均機能、計測機能、
オートゼロ機能、表示言語変更機能

温度特性 (+20~+30℃)

±0.25% of F.S.

定格

電源電圧

AC100ー240V±10% 50/60Hz

消費電力

110VA以下

耐環境性

過電圧カテゴリ

II

汚染度

2

使用周囲照度

白熱ランプ/蛍光灯:10000lx以下

使用周囲温度

0 ~ +35℃

使用周囲湿度

35 ~ 85%RH (結露しないこと)

質量

約500 g

*1 測定対象が鏡面体で変位モード、スキャン幅/間隔120µm/2µm、8回平均に設定して測定した場合の値。
*2 設定によります。
*3 当社指定モニタ用の専用電源です。
*4 判定モードまたはバイナリモードから一方を選択。
*5 変位モードまたは形状モードから一方を選択。 (LT-9500SO (5650)は変位モードのみ)NPNオープンコレクタ出力の定格は、最大30mA (30V以下)、残留電圧0.5V。無電圧入力の定格は、ON電圧1V以下、OFF電流0.6mA以下。

変位計を基礎から学びたい方へ

最適な機器を選びたい方へ

実績や工程改善のヒントなど

通信とネットワークを解説

お問い合わせ内容 必須

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-840-860

個人情報・お客様情報保護方針