【新商品情報】  “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら!

2次元高速寸法測定器
TM-3000 シリーズ

寸法測定器 仕様比較シート

アプリケーション

多点外径・段差

段付きシャフトの外径・段差測定

従来のレーザスキャン方式

1次元の透過式をスキャンして測定していましたが、メカの移動精度も考えなければならず、精度を追求できません でした。

TM-3000シリーズ

TMは2次元の透過式なので、スキャンの必要がありません。ワークを測定範囲に置くだけで多点で外径を測定できるので精度の向上とタクトの短縮を両立できました。

多点変化量測定

引っ張り試験器の動的変化測定

従来のレーザスキャン方式

サンプルを試験機から取り外しノギスで測定していたため、評価に時間がかかっていました。

TM-3000シリーズ

TMを使用すれば力を加えながら変形量を確認できるためサンプルを試験機から取り外すことなく評価をでき、さらに条件の追加なども連続で行えるため正確・短時間に評価を行うことができました。

位置決め

カッターの刃の位置決め

従来のレーザスキャン方式

カメラと照明を使用し測定していましたが、カメラや照明に機器がぶつかると調整に非常に時間がかかっていました。

TM-3000シリーズ

TMは透過原理で測定しており、かつ広い測定範囲を持っているので、調整に手間がかからず装置維持にかかる工数を削減できました。

厚み

シートの厚み測定

従来のレーザスキャン方式

従来はローラとフィルムを監視する透過センサを2つ準備し測定を行なっていましたが設置、調整に非常に工数を使っていました。

TM-3000シリーズ

TMシリーズを使用すれば1ヘッドでローラとフィルムを同時監視できるので、設置による誤差ゼロ、かつ振動によるブレも同時にキャンセル可能。
品質と保守を同時に改善できました。

多点振れ測定

バルブの振れ測定

従来のレーザスキャン方式

従来の透過式は測定ポイントが複数あると測定ポイント数×回転時間に加え、測定ポイントへの移動時間も必要 でした。

TM-3000シリーズ

TMシリーズを使用すると2次元データから測定ポイントを選ぶだけで測定ができます。
多点の振れ測定を完全に同期して一度におこなえるため、タクトタイムを大幅に短縮できます。

寸法測定器 仕様比較シート

変位計を基礎から学びたい方へ

最適な機器を選びたい方へ

実績や工程改善のヒントなど

通信とネットワークを解説

お問い合わせ内容 必須

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新のご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-840-860

個人情報・お客様情報保護方針