【新商品情報】 位置ズレしても安定検出ができる!エリアで検出する光電センサ「AIシリーズ」詳細は こちら!

マルチ入力データロガー
NR-500 シリーズ
計測器本体 インターフェースユニット NR-500

仕様

型式

NR-500

種類

インターフェースユニット

入力

トリガ入力 TRG IN

電圧入力 DC10-30V 最小パルス間隔2ms 有効パルス幅1ms以上

同期入力 SYNC IN

電圧入力 DC5V±10% 最小パルス間隔20µs 有効パルス幅10µs以上

耐電圧

入力-システムバス/アース間

1500VAC (50/60Hz) 1分間

出力

トリガ出力 TRG OUT

NPNオープンコレクタ出力1ch 最大電流100mA (30V以下)
残留電圧1V以下 ワンショット出力10ms

耐電圧

入出力-USB/LAN/ システムバス間

1500VAC(50/60Hz)1分間

入力-出力間

125VAC(50/60Hz) 1分間

入力-システムバス間

125VAC (50/60Hz) 1分間

PCインターフェース

USB

USB Revision2.0 フルスピード (USB1.1互換)準拠 1台のPC に4 台までUSB同時接続可能 (IDスイッチによる切り替え)

Ethernet

*1

連続収集速度

最大100kHz/収集チャンネル数*2*3

計測ユニット接続台数

8ユニット以下 (計測ユニット電力計20W を超えないこと)

計測ユニット間同期

±1µs 以下*4

時間軸精度

±50ppm (23℃±3℃)

電源

NR-U2 (専用アダプタ)または、USBバスパワー (NR-TH08・NR-C512 1台接続時)

定格

消費電力

0.9W以下

耐環境性

使用周囲温度

0 ~ +40℃

使用周囲湿度

35 ~ 80% RH (結露しないこと)

質量

約110g (OP-51581 : NR-500 5極端子台含む)

*1 Ethernetの接続はNR-600と収集表示するパソコンのみのローカル接続としてください。100Base-TXで構内LANへ接続される場合は、トラフィックなどにより転送スピードが低下し収集が停止することがあるので、モニタ、FTP機能は使用可能ですが、パソコンからの収集には使用しないでください。また、多チャンネルリンクモードでは使用できません。
*2 連続収集設定時NR-M32はサンプリング周期が最大10kHz/収集チャンネル数に制限されます。
*3 パソコン環境に依存します。テスト条件 : Pentium III 600MHz、メモリ256MB、ハードディスク4GB、USB接続時:NR-600を1台接続(他のUSBデバイス無)、Ethernet接続時:NR-600とパソコンを1対1で接続。OSプリインストール状態でWAVE LOGGER PROのみ起動し、ノーマルモード、標準型式保存を行なったとき。
*4 多チャンネルリンクモード時サンプリング周期のずれは40ms以下。NR-CA04を他種ユニットとの組み合わせで使用した場合、設定に応じて最大40msまたは1サンプリング周期になります。

温度計測・ひずみ計測の改善

計測器の校正依頼

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-247-547

個人情報・お客様情報保護方針