三次元測定機なのに温度管理不要!現場に置いてノギス感覚で使える「XMシリーズ」詳細は こちら!

セーフティレーザスキャナ
SZ シリーズ

カシメ機

カシメ機:薄板に穴を開けリベットを通し頭の反対側を叩きつぶして締結する装置

ライトカーテンが汚れで誤作動して掃除の工数が掛かっているんですが…

現状の対策
光学式のセンサは原理的に汚れたら反応すつからなぁ…

ライトカーテン導入の背景

ワークセット後にボタンを押すとカシメ機が動き出します。 作業者が稼動部に挟まれるリスクがあったためライトカーテンを設置し安全対策を行っていました。

現状の問題点

グリスや作動油を使用していたのでライトカーテンに汚れが付着することがありました。作業中に汚れが付着すると、ライトカーテンが誤作動し装置が停止してしまうため定期清掃を行う必要がありました。

汚れにくい場所に設置出来る反射型の安全センサがあります

セーフティスキャナを採用
これなら汚れの心配はいらないね!

解決ポイント

セーフティスキャナ導入で
  • 1汚れない場所に設置することで清掃工数(2回/1日)を削減出来ました。
  • 2片手で持てる超小型サイズなので、設置場所は自由。
    後付けの改造工事でも簡単に取り付けることが出来ました。

ここがおすすめ!

センサの状態(予知保全状態・バンク切り替え状態・異常状態)をリアルタイムにPLCなどの外部機器に取り出せる「お知らせ出力」を搭載。ウインドウが汚れている場合に清掃タイミングを作業者にお知らせすることが可能になりました。

[外部に出力]szシリーズからPLCへ、PLCからディスプレイへ外部に出力 [外部に出力を行った際ディスプレイに表示されるテキスト]・外部に出力 ・ウインドウが汚れてきました ・バンクが切り替わりました ・ミューティング中です

  • 検出領域に油煙などが侵入すると、
    SZシリーズが検出動作を行う可能性があります。

安全規格のポータルサイト

順番に選んでいくだけで選定

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-100-441

個人情報・お客様情報保護方針