アクティブレシーバー

状態を伝えるファイバユニット表示灯

状態を伝えるファイバユニット表示灯

センサのON/OFFとファイバユニットの表示灯が連動します。アンプを確認しなくても、動作状態がわかるようになります。透過型・反射型で計10型式同時に発売。どの角度からでも動作状態が認識しやすくなります。

光軸調整をアシスト

光軸調整をアシスト

ファイバユニットの光軸調整は、光が見えないために非常に時間がかかります。また、光軸が合ったことを確認するため、アンプの表示を見る人と光軸調整をする人が分かれて作業をしているケースもありました。アクティブレシーバーの光軸調整モードを使うと、光軸が合っているポイントをファイバユニットが知らせてくれるため、一人で簡単に光軸調整ができるようになります。

アンプとペアリング

アンプとペアリング

多くのファイバセンサを使用している場合、操作しているアンプと紐づくファイバユニットを探すことに時間がかかる場合がありました。ペアリングモードでファイバユニット表示灯を点滅させることで、一目で組み合わせを確認できます。

カタログから選ぶ 一覧性があり、検索性にこだわったレイアウト。選定される際には必携です。

Web検索システムで選ぶ(ファイバユニット選定ナビ) 透過/反射型、形状、使用温度などから簡単に絞り込めます。

キーエンスに相談する 営業担当よりお客様の最適なセンサをご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

ファイバユニットFU シリーズ

元のページに戻る