【新商品情報】 高精度に“瞬間3D測定”白色干渉3D変位計「WI-5000シリーズ」発売。詳細は こちら!

デジタルカラー判別センサ
CZ-V20 シリーズ

ラインナップ

CZ-V20シリーズは、「ヘッド」と「アンプ」を組み合わせて使用します。

ヘッド

色判別タイプ

「てかりキャンセル機能」搭載のタイプは、「てかり」=「光沢」のあるワークの検出に有効です。光沢があるワークでは、検出が不安定になる場合があります。「てかりキャンセル機能」は、光沢の影響を除外することができる機能です。

ワークの大きさによって、投光スポットの大きさを切り換えることができるタイプです。また、長距離検出が可能なので、設置が簡単です。

光沢判別タイプ

CZ-H72

CZ-H72は、「光沢度」を判別できるセンサです。めっきなどの有無確認や、研磨の処理確認ができます。

光沢判別タイプ

蛍光物質判別タイプ

CZ-H52

蛍光物質判別タイプは、蛍光物質が含まれるものだけを検出できます。接着剤やシールの有無検知で有効です。

蛍光物質判別タイプ

アンプ

親機
CZ-V21A (NPN)
CZ-V21AP (PNP)

子機
CZ-V22A (NPN)
CZ-V22AP (PNP)

1台でご使用になる場合は、親機をご使用ください。子機は電源線がなく、親機に接続して使用することで、配線を減らすことができるタイプです。

より詳しい資料が欲しい

価格が気になるので見積もりを取ってみたい

一度、無料の実機でテストしてみたい

ヘッド(色判別タイプ)の特長

従来の問題点を解決するR・G・Bセンサヘッド

「てかりキャンセル」反射型CZ-H35S・CZ-H37S

小スポットタイプ CZ-H37S

16mmの設定距離で、小スポットφ1mmを実現しました。従来よりもさらに小物ワークや小物部品の判別を確実に行なえます。

距離―スポット径特性(代表例)

距離 12 14 16 18 20
スポット径 2.9 1.9 1 1.3 2

(単位:mm)

うねり・ばたつき・傾き・てかりに強い

机上でのテストではうまく検出できたのに、実際にライン上で使用するとワークの状態変化などによって検出がうまくいかないことがあります。これは多くの場合、光沢の影響によって反射光の状態が変わることが原因でした。CZ-H35Sはワークを色として認識するだけでなく、色成分を正確に捕らえるために光沢部分での反射光をキャンセルするフィルタを内蔵しています。ワークの状態変化に対しても安定度が飛躍的に向上しました。

"てかり"とは

右の写真のようにピーマンでも光のあたり具合によって白く見える部分があります。従来のセンサでは人間の目と同様にこのような場合に正しく色を認識することができませんでした。

「長距離タイプ」反射型 CZ-H32

3つのスポットサイズに変更できる

スライドスイッチによってスポットサイズを3段階に切り換えることができます。小さなマークなどを検知したい場合はスポット小を、検知範囲を広くしたい場合はスポット大を選択できます。

50〜95mmの長距離ワイドレンジ検知

検出距離は50〜95mmで、この範囲で使用可能です。はなれた所から設置でき、ワークのばたつきにも強くなっています。

20言語対応 設定だけを、わかりやすく解説 センサ設定ガイド

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説