三次元測定機なのに温度管理不要!現場に置いてノギス感覚で使える「XMシリーズ」詳細は こちら!

アンプ内蔵型光電センサ
PZ-G シリーズ

取付オプション(アタッチメント)

アタッチメント一覧

OP-85136

OP-85135

OP-85137

OP-85138

OP-85139

型式 適応機種 概要 入り数 材質 質量 価格
OP-85136 透過型
(角型)
アタッチメントA
(スリットや
偏光フィルタ装着用)
各2個 ポリアセタール
(POM)
約2g 240
OP-85135
透過型
(ナット型)
アタッチメントB
(スリットや
偏光フィルタ装着用)
各2個 ポリアセタール
(POM)
約1g 240
OP-85137 透過型
(角型、ナット型)
スリット
(0.5mm、1mm、2mm)
各3個 塩化ビニル
(PVC)
約1g 400
OP-85138 透過型
(赤色LEDタイプ)
偏光フィルタA
(赤色用)
2枚 トリアセテート
(TAC)
ポリビニルアルコール
(PVA)
約1g 400
OP-85139 透過型
(赤外LEDタイプ)
偏光フィルタB
(赤外用)
3枚 アセテート系樹脂 約1g 2,400

アタッチメントについて

アタッチメントは透過型センサで使用します。アタッチメントを使用することにより、スリットや偏光 フィルタをセンサに装着できます。スリットと偏光フィルタは重ねて装着することも可能です。

【使用例1】
透過型センサ2台の干渉防止

偏光フィルタを使用することにより透過型センサの干渉を防止できます。偏光フィルタには切り欠きがあり、向きによって特性が変わります。投光部と受光部のフィルタが同じ方向であれば入光できますが、フィルタの向きが90°変わると入光できません。この特性より下記のように偏光フィルタを装着すれば干渉防止が可能です。

【使用例2】
透過型センサ4台の干渉防止

使用例1の組み合わせをもう1組用意して、投光部と受光部を入れ替えることにより、4台の干渉防止が可能です。偏光フィルタの切り欠きの向きにご注意ください。

アタッチメント装着時仕様

センサ型式 スリット 偏光フィルタ 検出距離
PZ-G51 0.5×5mm なし 1m
1×5mm なし 2.5m
2×5mm なし 5m
なし あり※ 9m
0.5×5mm あり※ 0.5m
1×5mm あり※ 1.5m
2×5mm あり※ 3m
PZ-G52 0.5×5mm なし 2.5m
1×5mm なし 5.5m
2×5mm なし 10m
なし あり※ 15m
0.5×5mm あり※ 1m
1×5mm あり※ 2m
2×5mm あり※ 5m

工場のセンサを原理別に解説

最適な機器選定を実現

判別変位センサの選び方

通信とネットワークを解説