画像処理用LED照明
CA-D シリーズ

円錐型リフレクタ採用によりLWD:3000mmでも使用可能

円錐型リフレクタ

高出力型LED照明としては初めて高輝度LEDを高密度に千鳥配置。さらに円錐型リフレクタを採用することでLEDが発する光を余すことなく活用し、従来のLED照明では難しかったロングLWDでの高輝度照射を実現しました。また、発光面全面を鏡面にすることで、保護カバーや、拡散板で照明内に戻る光まで有効活用します。拡散板を使用しない場合、3000mmのLWDでも十分な明るさで照射可能です。

  • 実際の使用環境下で光量が足りるかどうかは事前にご確認ください。

拡散板を活用すれば近距離照明としても

拡散板の固定はビスフリー

拡散板(同梱品)を装着することで、ロングLWDだけでなく近距離、高輝度照明としても使用可能です。オプションの偏光拡散板を選択すれば光沢のあるワークなどでも活用可能になります。高出力型LED照明としては拡散板、偏光拡散板使用可能は業界初。
拡散板、偏光拡散板の取付もはめるだけで固定されるシンプルな構造で、ラインへのビス落下の心配がありません。

代表アプリケーション

ロボットピッキング

ロボット可動範囲内に照明が設置できない場合でも十分な明るさで広範囲を照射できます。

段ボールの印字、異品種検査

大きいダンボールでも広い照射範囲により、印字検査と異品種混入検査の両方の安定検出が可能です。

ページの先頭へ

ラインナップ

高輝度・大型バー照明ラインナップ

型式 LED色 質量 消費
電力
入力
電圧
CA-DBW34H 白
1050g
18.4W×2ch 12V
CA-DBW50H 白
1490g
19.8W×2ch
  • CA-DB□□□Hには拡散板が同梱されます。拡散板の厚みは約2mmです。

高輝度・大型バー照明用オプション

型式 適合照明
OP-87977 CA-DB□34H
OP-87978 CA-DB□50H

厚み:約2mm

偏光拡散板
拡散板に偏光板を貼り付けており、ムラの無い偏光が可能です。

ページの先頭へ

照度分布図

バー照明照度分布(代表例)

使用照明:CA-DBW8拡散板なし

使用照明:CA-DBW13拡散板あり

使用照明:CA-DBW12W照射方向

任意の範囲内において複数点の濃度計測をおこない、それぞれの明るさの分布を表示しています。分布表示は型式ごとに拡散度合を取得したデータの中で、最も明るいポイントを100としたときの相対表示です。

  • 左記データは代表例です。商品の品質を保証するものではありません。
  • LWD=照明から計測対象までの距離。

ページの先頭へ

画像処理の基礎を徹底解説

XG/CVシリーズを動画で解説

画像処理とロボットの融合

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新のご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

個人情報・お客様情報保護方針