【新商品情報】 高精度に“瞬間3D測定”白色干渉3D変位計「WI-5000シリーズ」発売。詳細は こちら!

画像処理用LED照明
CA-D シリーズ

業界初

波長変換シートの特長

波長変換のしくみ

波長変換シートと青色LED照明、青カットフィルタを組み合わせることで、反射照明でありながらバックライト画像を実現する全く新しい照明技術です。

室内照明のみ

波長変換シートと白いシートの上に白いワークを載せた画像です。

青いバー照明を設置

青色照明を照射した画像です。白い背景と白いシートは青く撮像され波長変換シートは青い光が赤みのあるオレンジ色に変換されて反射しています。

上記加え、レンズに青カットフィルタを装着

青カットフィルタにより青く反射された範囲の光はカットされ、波長変換シートからの光のみがレンズに入光しています。これにより白いワークをバックライトで撮像したような画像が実現しています。

バックライトをあきらめていた場所にも

アプリケーション例

アライメント
可動ステージ内への照明の埋め込みは配線の引き回しが困難ですが、反射照明だけではコントラストが不十分な場合もあります。波長変換シートなら配線なしでバックライト画像を実現できるため、安定した検出を可能にします。

青色反射照明のみ
アライメントマークのコントラストが不足し安定した検出ができません。

波長変換シート使用
バックライトで撮像した画像と同等のコントラストが取れており、アライメント精度の向上も図れます。
液面検査
充填機で液面検査をする場合、バックライトを設置する場所がなく、やむを得ず反射照明で液面検査をしていました。波長変換シートなら狭い隙間への設置や、回転体にシートを巻きつけることでバックライト画像を実現します。

青色反射照明のみ
ワーク表面の反射の影響で液面が安定して見えません。

波長変換シート使用
バックライト画像として液面のみが鮮明に撮像できており、安定した液面検査が可能です。

ページの先頭へ

波長変換シート ラインナップ

型式 CA-DWC30
変換後
ピーク波長
変換後ピーク波長615nm
変換効率※1 約80~90%
シートサイズ※2 A4サイズ(210 x 297mm)
厚み:0.2mm
シート構成※3 ①ラミネート ボリエステルフィルム(透明・サンドマット)
②波長変換特殊材料
③発砲ポリエステルフィルム(白)
④強粘再剥離タイプ
(アクリル系粘着剤)
⑤方眼目盛付き
質量 約20g(剥離紙含む)
  • ※1波長変換特殊物質単体での数値
  • ※2A4サイズ全面に波長変換体が塗布されています。余白はありません。
  • ※3粘着力:貼付30分後9.4(N/25mm) 24時間後10.8(N/25mm)
  • 低温、高温環境下では、粘着力、保持力が低下し剥がれやすくなります。
  • 被着体の形状や使用環境・条件によっては、接着性や再剥離に影響をまた剥がれや汚れが気になる場合はガラスやアクリル等でカバーして使用することも可能です。その際、ガラス等で明るさは多少減衰します。
  • 表面に汚れが付いた際には研磨剤を含まない中性の洗浄液を含ませた柔らかい布でふいてください。
  • はさみやカッターで自由なサイズに切取ることが可能です。

ページの先頭へ

画像処理の基礎を徹底解説

XG/CVシリーズを動画で解説

画像処理とロボットの融合

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新のご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

個人情報・お客様情報保護方針