【新商品情報】  “面光電”センサ「AIシリーズ」誕生! 面で検出し、絵で捉える。だから、ズレてもOK、判別も可能。詳細は こちら!

画像処理用LED照明
CA-D シリーズ

ラインスキャンカメラを使用する場合、ワーク全体に照明を照射する必要はなく、撮像エリアとなる部分に対して照射するだけで検査画像は撮像できます。照射方法は大きく3つに分けられ、それぞれ得られる効果が異なります。

正反射

[特長]
傷や凹みがあった場合、光がカメラ側に返ってこないため欠陥部分が黒く見えます。

拡散反射

[特長]
バリや凸傷にあたった光がカメラ側に反射することによって欠陥部分が白く見えます。

透過

[特長]
寸法計測やシート上の異物検査によく使われる方法。透過照明により輪郭のエッジは強調され、異物検査では異物で光が遮断されるため異物は黒く映ります。

ページの先頭へ

ラインナップ

ライン照明ラインナップ

型式 LED色 質量 消費電力
CA-DZW5 白 約240g 4.7
CA-DZW15 白 約480g 14.2
CA-DZW30 白 約880g 28.4
CA-DZW45 白 約1280g 28.4
  • 消費電力が20Wを超えるためCA-DC100は使用できません。
  • ラインカメラを使用する場合は、CA-DC21E DCモードで使用してください。
  • CA-DZW□、CA-DZB□はLEDクラス2です。

ページの先頭へ

画像処理の基礎を徹底解説

XG/CVシリーズを動画で解説

画像処理とロボットの融合

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新のご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

個人情報・お客様情報保護方針