【新商品情報】 位置ズレしても安定検出ができる!エリアで検出する光電センサ「AIシリーズ」詳細は こちら!

画像処理用レンズ
CA-L シリーズ

さまざまな条件で使用される画像処理の安定検出をサポートします。

シャープカットフィルタ(R60)

シャープカットフィルタなし
金属表面で蛍光灯の光が反射しています。

シャープカットフィルタあり
外乱光を抑えて撮像できています。

シャープカットフィルタなし
蛍光灯の光がビン内で屈折して写っており、ビン口部分の検査が困難です。

シャープカットフィルタあり
蛍光灯の影響を軽減できています。

シャープカットフィルタはある波長域より長波長側の光のみを透過するフィルタです。
赤色LED照明と組み合わせて使用することで外乱光をおさえた画像を撮像することが可能です。

偏光フィルタ

偏光の原理

①の光は、偏光フィルタAで②の方向に偏光された光になります。フィルム面(正反射)ではそのまま反射し③の光は偏光フィルタBで遮光されます。しかし、対象物表面(拡散反射)で反射した光は再び拡散し④の光となり、⑤の偏光成分のみBを通過しカメラに入光します。

  • 偏光フィルタなし
    リング照明が映り込んでいます。
  • 偏光フィルタあり
    映り込みが軽減されています。

保護フィルタ、青カットフィルタ

保護フィルタ

  • レンズメンテナンス時に付く傷を防止、レンズを長持ちさせます。
  • レンズメンテナンスは保護フィルタの交換だけ、フィルタは水洗い可能です。
  • 加工くずによりレンズ表面が傷つくことを防止します。
  • オイルミストや粉塵の付着によるメンテナンス工数の削減ができます。

青カットフィルタ

青LED照明の波長を遮断します。波長変換シートとの組み合わせにより、ワークなどに照射された余分な青LED光成分をカットします。

ページTOPへ

ラインナップ

M25P0.5 M27P0.5 M30.5P0.5 M34P0.5 M43P0.75
保護フィルタ 高透過コーティング CA-LF25 CA-LF27 CA-LF30 CA-LF34 CA-LF43
偏光フィルタ 高透過偏光 OP-51603 OP-54029 OP-54030 OP-87893 OP-87894
シャープカットフィルタ 透過波長600nm以上 CA-LF25R CA-LF27R - - -
青カットフィルタ 透過波長540nm以上 CA-LF25Y CA-LF27Y CA-LF30Y - -

ページTOPへ

レンズオプション

OP-51612

接写リングセット

カメラとレンズの間に挟むことで焦点の合う範囲を変更します。
使用する厚みに関しては各レンズの視野表を参照してください。
厚み0.5mm、1mm、5mm、10mm、22mmの5種類がセットになっています。

ページTOPへ

画像処理の基礎を徹底解説

XG/CVシリーズを動画で解説

画像処理とロボットの融合

通信とネットワークを解説

どのようなご要望をお持ちですか? 必須
お問い合わせ内容

氏名(姓)(必須)
氏名(名)(必須)
会社名、勤務先(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
--
郵便番号(必須)
-
最新情報ご案内(任意)
承諾/すでに受け取っている

次へ

お急ぎの場合はお電話でもどうぞ
0120-014-414

個人情報・お客様情報保護方針