1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 3Dプリンターと周辺ツール
  3. 3D CADの基礎知識
  4. CADの歴史

CADの歴史

以前は、設計者が手書きで図面を作成していたため製図台を使用していましたが、パソコンの普及に伴い、2D CADへ、さらに3D CADへと移行してきました。しかし、CADが実用化された当初はパソコンも非常に高価だったため、CADを導入している企業は一部の企業にとどまり、なかなか一般化しませんでした。
現在は高性能なパソコンも安価に手に入るようになったため、急速に普及が進んでいます。最近では、3Dプリンターも普及し始めたため、CADを使えるエンジニアのニーズも高まってきています。

CADの歴史

  • 製図台 設計・製図という作業は、製図台を用いて手書きで行われていました。

  • 2D CAD 2D-CA D に移行して、図面がきれいになり、作業効率が向上しました。

  • 3D CAD(サーフェス) 3D-CA D が普及し始めて、形状の把握が容易になりました。

  • 3D CAD(ソリッド) 体積・質量計算や干渉チェックが可能になりました。

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識