1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 3Dプリンターと周辺ツール
  3. 3Dプリンターについて
  4. 3Dプリンターの用途事例

3Dプリンターの用途事例

3D CADでの商品開発が一般的になる中で、画面上では「把握できない」「伝えられない」といった課題の克服のために3Dプリンターは当初は使われていました。3Dプリンターの造形精度の問題もありサイズやカタチの確認のみの限られた用途で 利用されていましたが、3Dプリンターの精度が向上したことや材料の進化によって、踏み込んだ検証が可能になってきました。ここではものづくりの過程で3Dプリンターが具体的にどのように使用されているのかを用途や事例を交えて紹介しています。

・デザイン確認・組み付け確認・機能確認・プレゼン・金型試作・治具作製
  • デザイン確認

    水栓金具

    手に取って使用する製品なら、造形して手で感触を確かめてデザインできます。後の工程でのやり直しを最小にします。

    照明器具

    デザイン上で重要なパーツをカタチやサイズを複数個造形してみて、コンセンサスを得た上で商品開発を進められます。

  • 組み付け確認

    コントロールユニット

    筐体に基板やコネクタを組付けして、ハーネスや部品の干渉を確認できます。小型化がもとめられる製品の検証で役立ちます。

    建機ミニチュア

    構造が複雑な製品をミニチュアにして、組立性の検証をします。設計のクオリティを上げることで製造コストの削減につながります。

  • 機能確認

    ボビンコイル

    理論通りの性能が出るかを、コイルを巻いて簡易評価できます。当たりを付けて最終試作できると試作コストが下げられます。

    風洞実験

    ミニチュア模型で簡易検証した上で、本番試験に臨めるから試験を効率よく実施できます。もちろんコスト削減になります。

  • プレゼン

    洗剤ボトル

    商談に造形モデルを持参して客先に手にしてもらいながら商品説明できると客先の反応もよく受注率UPにつながります。

    トランスミッション

    商品の有効性を模型を使ってプレゼンできれば客先の納得度合も高く、単価の高い商品の売上UPが見込めます。

  • 金型試作

    マスターモデル

    簡易型としてシリコーン注型をする際のマスターとしても使用できます。製品に近い材料で気軽に試作できます。

    「型」製作前の検証モデル

    金型を製作する際に図面や画面では伝わらない形状をきっちり伝えられるので、「型」の修正を最小限に抑えます。

  • 治具作製

    組立治具検証

    商品の設計段階で治具まで構想すると、立上げ時の現場との摩擦を抑え、スムーズな製品立上げを可能にします。

    簡易検査治具

    万が一のトラブル時にも簡易的な検査治具で応急対応できれば、最小限のロスで製造現場を復旧させられます。

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識