1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 3Dプリンターと周辺ツール
  3. 【解析ソフトとの上手な使い分け】従来の設計プロセス

3Dプリンターの活用術 解析ソフトとの上手な使い分け
従来の設計プロセス

従来の設計プロセス

製品開発の期間短縮、コスト抑制のツールとして解析ソフト(CAE)や3Dプリンターが近年大きな注目を集めています。そして、これらのツールを導入して効果を上げているメーカーは多く存在します。

しかし一方で、導入しても残念ながら大きな効果を上げられないケースも数多く存在します。そうならないためには、これらツールの特長をよく理解してプロセスに組み込むことが重要です。そのためには、課題を明確にして効果が出るようにプロセスを設計していかなればなりません。

ここではまず設計手法の変化によるニーズの移り変わりを確認してみましょう。

従来の設計プロセス

はじめに、3D CAD、CAE、3Dプリンターなどが存在しなかった2D設計時代の設計プロセスについて解説します。
2D設計における試作品の評価方法は、切削などの機械加工によって現物を製作して実験します。一般的に試作品は外部に依頼するケースが多く、見積、試作会社との打ち合わせ、機械加工、仕上げなどのプロセスを経て製作されます。形状やサイズによって異なりますが1~2週間程度の納期を必要としました。

完成した試作品を用いて各種実験をします。過去の実績や技術的な根拠を元に設計されますが、通常は性能や機能向上を狙った設計がおこなわれるため、目標を満たせず度々設計変更が発生します。このような試作・実験と設計変更の繰り返しが多くなると、開発期間が長くなり、開発コストの増大につながります。

従来の設計プロセス

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識