1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 商品情報
  3. 高精細造形 積層ピッチ15μm

キーエンスの3Dプリンター
高精細造形 積層ピッチ15μm

キーエンスの業務用高精細3Dプリンターはインクジェット方式の採用により、積層ピッチ15μmの高精細造形を実現しました。これまで3Dプリンターと言えばカタチを見たり、大きさを確認するものでしたが、キーエンスの3Dプリンターの高精細造形なら部品を組み付けての組立性の検証まで可能です。そのため「干渉する」「組立できない」といったありがちな手戻りの不安を抱えることなく、安心して開発を進めることができます。キーエンスの3Dプリンターなら、M3のネジを造形して締め付けできる精度を持っています。

高精細造形 積層ピッチ15μm

積層ピッチ15μmを可能にする
テクノロジー

キーエンスの3Dプリンターは往路でインクジェットのヘッドから液体UV樹脂を吐出して、復路でローラーで樹脂をならしながらUVランプで硬化させる工程を繰り返して積層造形します。インクジェット方式は少量の樹脂を幅方向に広く吐出できるので、スピードを損なわずに積層ピッチを小さくできます。これにより高精細造形を可能にしました。

ヘッドとステージの動き

部品を組み付けできる
十分な精度

部品の組み付けをするには、ある程度の精度が必要です。そのためには、積層するピッチを細かくする必要がありました。アジリスタは積層ピッチ15μmの高精細造形だから、段差も少なく部品の組み付けまでできる十分な精度を持っています。

細かい穴を造形するとき

高精細を実現する
インクジェットテクノロジー

一般的な3D プリンタでは、積層ピッチを細かくすると、そのぶん造形に時間がかかります。アジリスタでは256個のインクジェットノズルから材料を面で吐出することにより、15μmの積層ピッチでありながら、素早く造形できます。

一般的な3Dプリンタ 何度も往復して材料を吐出 アジリスタ 一度に面で材料を吐出

透明樹脂だから
内部まで確認できる

アクリル系のUV硬化樹脂なので樹脂に透明性があります。パッキンのシール状態や組み付け部品の干渉を目視で確認できます。例えばこれまでは想像するしかなかった流水や異物の動きまで見れます。もちろん塗装して色を付けて最終製品に近づけることも可能です。

圧力計の流水状態が目視できます

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識