1. キーエンスの3DプリンタHOME
  2. 商品情報
  3. 水溶性サポート材

キーエンスの3Dプリンター
水溶性サポート材

キーエンスの業務用高精細3Dプリンターは世界で初めて水溶性のサポート材を採用しました。なぜ、3Dプリンターにとって水溶性のサポート材が有効なのか?実は3Dプリンターの造形モデルは、造形の過程で形状を保持するサポート材と一緒に完成します。そのため、最終的な形状にするためにはサポート材の除去が必要になります。これまで3Dプリンターはこのサポート除去作業に大変な手間がかかっていました。キーエンスの3Dプリンターなら水につけておくだけで造形モデル完成するので、手間のかかる作業がいりません。

水溶性サポート材

サポート材とシェルの役目

モデルを作る上で型の役割をするのがサポート材です。そしてそのサポート材を囲むようにシェルがあります。シェルとは、水溶性サポートが造形途中に空気中の水分により溶け出すことを防ぐためのものです

サポート材除去前→サポート材除去後

部品の組み付けができる
十分な精度

積層ピッチ15μmでモデル表面の段差が少ないので設計を忠実に再現します。さらに水溶性サポート材は表面に残らずきっちりと除去できるために、ねらった形状通りのモデルを手にすることができて、実際にネジを取り付けるなどの組み付け確認ができます。

キーエンスの3Dプリンターならネジが取り付けれます。

吸水率が低いから
造形後に変形しにくい

UV硬化樹脂を使用する3Dプリンターにとって、吸水による造形モデルの変形は最大の敵です。キーエンスの3Dプリンターは水溶性サポート材の使用を前提としているため、吸水率の低い樹脂を開発しています。そのため、造形後の変形を最小限に抑えることに成功しました。

吸水率が低い樹脂。吸水率が高い樹脂「膨潤」

除去作業で
モデルを破損する心配なし

従来のように硬いサポート材を除去する場合、誤って細かい部品を破損させてしまうことがありました。水溶性サポート材なら水につけておくだけなので、破損させる心配なく細かい隙間までしっかり除去することができます。

水槽に入れて・・・。つけておくだけ、サポート除去完了

急ぐときには
手作業でサポート除去できる

水につけてサポート除去するには時間が足りない場合は、手作業で除去することもできます。キーエンスの3Dプリンターのサポート材は、水に溶けやすくするために柔らかくなっているので強い力は不要。時間をかけずに造形モデルを手にできます。

1.シェルをはがす 2.サポートを除去 3.ブラシで仕上げ

後処理にかかるコスト削減

一般的な3Dプリンターでは、サポート材除去には破損の心配だけでなく、膨大な人手がかかっていました。『キーエンスの3Dプリンター』のサポート材除去は、複数個の造形でもまとめて水につけるだけです。後処理にかかる人件費を大幅に削減します。

サポート材除去にかかる工数・費用のシミュレーション

3Dプリンター周辺ツール

3Dプリンターで生産性を向上 治具の教科書

3Dプリンターとの違いがわかる 金型の基礎知識