光学式反射型 LJシリーズ

選定のポイント
  1. 2次元でライン内の高さを測定可能。
  2. 超高速で対象物を選ばない。
  3. 波形データを出力可能。

ラインレーザが当たった箇所の断面形状を取得します。
得られた形状の中で、基準面に対する段差を測定できます。