標準機能
拡張機能
  1. 蛍光顕微鏡 BZ-X700 HOME>
  2. 商品紹介・特徴>
  3. イメージジョイント/ナビゲーション

圧倒的な解像度で画像連結

最大50000×50000ピクセルの圧倒的な解像力

イメージジョイント

視野に標本全体が入りきらない場合でも、複数の画像をつなぎあわせることで、一枚の画像で全体像を記録することができます。撮影範囲を指定するだけで、撮影はすべて自動。最大50,000×50,000ピクセルという超高解像度での連結が可能なため、一枚一枚の画像の解像度を損ねることなく記録できます。記録した画像から拡大画像を切り出して高精度な定量化を行なうといったことも可能です。

ウェルの画像連結

組織切片の画像連結

高精度シェーディング補正

光量ムラや、レンズ収差による視野周辺のコントラストのむらを、シェーディングキャンセラーが高精度にカットします。これにより、つなぎ目のない美しい画像が撮影できます。

厚みのあるサンプルも、ひずんだサンプルも、ピントを逃さずに撮影

ピントを逃さずイメージジョイント

Zスタックやオートフォーカスを併用して撮影することが可能。どんなに広い範囲を撮影しても、全てのポイントでピントの合った画像を撮影することができます。

マウスで指定するだけで、観たいポイントへ

ナビゲーション機能

ワンクリックで、周囲の画像を自動的に取得し、一枚の広視野画像を作成。この広視野画像をナビゲーションとして、観たい場所へと自由に移動することができます。全ての画像には位置座標情報が記録されているため、撮影した画像が全体のどの部分だったかを、画像として保存することも可能。論文のfigureで、撮影箇所の任意性を証明したい時にも有効です。

<< BZシリーズならではの先進機能

セクショニング >>

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップへ