標準機能
拡張機能
  1. 蛍光顕微鏡 BZ-X700 HOME>
  2. 顕微鏡の歴史>
  3. 顕微鏡の誕生【歴史】

顕微鏡を知る

顕微鏡の歴史

顕微鏡の誕生

 レンズで物を拡大して見ることができるということは、2世紀頃から知られていたと言われています。その後、13世紀のヨーロッパにおいて、拡大鏡として凸レンズが使用されだしましたが、当時はレンズ自体が高価なもので、15~16世紀になってから一般に用いられ始めるようになりました。

 顕微鏡の原型は16世紀後半に発明されました。オランダの眼鏡職人だったヤンセン親子が2枚のレンズを組み合わせて、物が大きく見えることを発見したと言われています。

 *)レンズの語源:レンズという名前は、レンズ豆という植物に由来しています。
   凸レンズの形とレンズ豆の形が似ていたために、レンズと名付けられました。

光学顕微鏡の発展 >>

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップへ