標準機能
拡張機能
  1. 蛍光顕微鏡 BZ-X700 HOME>
  2. 顕微鏡の観察法>
  3. 観察方法による比較【観察法】

顕微鏡を知る

顕微鏡の観察法

観察方法による比較

 生物顕微鏡は、基本的に透過光によって観察を行います。しかし、照明法で見たように、試料によって無色透明であったり、光を通さなかったりなど、さまざまな対象があるため、光の性質を利用してそれぞれに適した観察法が開発されてきました。

 主な観察法の特徴は下記の通りです。光の散乱や回折、偏光、干渉、蛍光といった性質を利用して、観察法が編み出されています。

観察方法 特徴 主な観察対象
明視野観察法 生物顕微鏡による一般的な観察方法。透過照明を用いて、視野が明るいのが特徴 生体、細胞
暗視野観察法 直接光を当てず散乱光を利用し、暗い視野の中で試料を光らせて観察 微生物や細胞
位相差観察法 光のずれである位相を利用して、試料を明暗のコントラストに変換して観察 無色透明の試料、生きている細胞
偏光観察法 偏光させた照明で照らし、試料の明暗や色のコントラストに変換して観察 岩石や鉱物などの結晶、高分子
微分干渉観察法 透過光が試料を抜けて進む際の距離の違いを利用して、色や明暗のコントラストを付けて立体的に観察 無色透明の試料、生きている細胞
変調コントラスト(レリーフコントラスト)観察法 試料の高低差を明暗のコントラストに変換して立体的に観察 プラスチック容器内の細胞
蛍光観察法 試料を蛍光化合物やGFPなどの蛍光タンパク質で染めて、蛍光部分を観察 蛍光色素で染色もしくは標識した細胞や組織、自家蛍光を発する生体
反射照明観察法 光を透過しない試料について、反射光を用いて観察 金属など
分散観察法 試料をインデックスオイルに浸けて、浸液の中で拡散した透過光を利用して観察 アスベストの検出

それぞれの観察法 >>

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップへ