標準機能
拡張機能
  1. 蛍光顕微鏡 BZ-X700 HOME>
  2. 顕微鏡の種類/原理>
  3. 拡大観察と器具【種類/原理】

顕微鏡を知る

顕微鏡の種類/原理

拡大観察と器具

 顕微鏡は、簡単に言えば、対物レンズと接眼レンズという二つの凸レンズを用いて、きわめて小さなものを大きくして観察するための装置です。一般的に研究用に用いられるものは、観察対象(試料)に可視光や紫外光などを当てて観察するため、光学顕微鏡と呼ばれます。従来、広く利用されているのは、生物顕微鏡もしくはその構造に応じて正立/倒立顕微鏡と呼ばれ、倍率は数十倍から1500倍程度のものを指します。

 なお、観察の現場では、数倍程度の拡大観察であれば拡大鏡(虫眼鏡、ルーペ)を用い、10倍~50倍では双眼実体顕微鏡、50倍~1500倍までは正立/倒立顕微鏡を使用します。

倍率ごとに観察可能な物

倍率 使用する観察器具 観察できるものの例
1倍 肉眼 毛髪(0.1mm程度)
2~5倍程度 虫眼鏡 植物や昆虫の構造
10~20倍程度 双眼実体顕微鏡 ミジンコなどの微生物
50倍程度 正立/倒立顕微鏡 昆虫の複眼などの細かい構造
100倍程度 正立/倒立顕微鏡 ゾウリムシなどの構造
200倍程度 正立/倒立顕微鏡 花粉などの構造
400倍程度 正立/倒立顕微鏡 ミドリムシなどの構造
800~1500倍程度 正立/倒立顕微鏡 細胞や染色体などの構造(0.2μm程度)
2000倍~100万倍程度 電子顕微鏡 1μm~0.1nm 例…DNA(2nm)

豆知識:倍率1倍の基準とは?

倍率1倍は人間の目で近くの物がよく見える状態を基準にしています。その距離が250mm(明視距離)であることから、ここから見える大きさを1倍と決めています。

顕微鏡の主な種類 >>

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップへ