Ethernet POWERLINK

ここではEthernet POWERLINKについて説明します。

概要

Ethernet POWERLINKとはオーストリアのB&R Industry Automation株式会社により開発されたオープンネットワークです。現在ではEPSG(Ethernet POWERLINK Standarization Group)により管理されています。

このページの内容をPDFで読む ダウンロード

配線方法と通信プロトコル

配線方法

汎用的なイーサネットを使用して接続します。伝送速度はギガビットのイーサネットにも対応しており、最短で200usの定周期通信、データ同期のジッタ1us以下を実現できます。

通信プロトコル

Ethernet POWERLINKでは定周期での通信を管理する管理ノードにより通信が管理されています。プロデューサ・コンシューマベースでネットワークが構築されるため、自分の送信タイミングで1:1または1:Nでデータを送信し、受信したノードは自ノードに関連するIDのデータを順番に処理します。

プロデューサ・コンシューマ方式

通信プロトコル

コンシューマ側は受信したコマンドを順番に処理

特徴

Ethernet POWERLINKでは一定の周期で通信を行なうサイクリック通信と、周期によらず任意のタイミングで通信を行なうメッセージ通信に対応しています。

サイクリック通信

タイミングを管理するノードが設定された周期の間にSoC(Start of Cycle)と呼ばれるメッセージをタイミング同期する機器すべてに通信します。その後管理ノードがそれぞれに対してコマンドを送信し、それぞれのレスポンスを待ち、次のコマンドを送信するという手順を繰り返します。

サイクリック通信

メッセージ通信

サイクルタイム内に通信するデータの通信が完了すると、非同期通信を開始してもよいというメッセージを送信し、非同期のデータ送受信(メッセージ通信)を実行できます。メッセージ通信実行後は次の周期まで待ち時間に移行します。

※記載されている会社名、製品名、ネットワーク名称等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
※内容の一部(規格、仕様など)については記載当時から変更されている場合がありますのでご注意ください。

2015年11月

じっくり読んでナットク! このページをPDFで読む ダウンロードする

  • 前ページ

    代表的なフィールドネットワークの紹介

    EtherNet/IP
  • 次ページ

    代表的なフィールドネットワークの紹介

    FL-net

「接続.com」TOPページに戻る