INTERBUS

ここではINTERBUSについて説明します。

概要

INTERBUSとはドイツのフェニックス・コンタクト株式会社が1987年に開発したオープンネットワークです。現在はINTERBUS Clubにより普及活動が行なわれています。コネクタメーカが中心に開発しているネットワークで、ヨーロッパの自動車製造業界を中心に普及しています。

このページの内容をPDFで読む ダウンロード

配線方法と通信プロトコル

配線方法

5線のツイストペア、または光ファイバーケーブルを使用して接続します。伝送速度は500kbpsまたは2Mbpsで通信しており、最大256局まで通信できます。全二重通信を使用して疑似的なループトポロジーを構成し、すべての機器に対して順番にデータを送信していく方式を採用しています。局間の距離は400mまで対応しており、総延長距離で12.8kmまで延長できます。

疑似的なループトポロジーのイメージ

配線方法

通信プロトコル

トータルフレームプロトコル方式を採用しており、マスタから送られたデータの中にすべてのスレーブの情報が格納されており、スレーブ側は割り当てられた領域のデータを読み出して使用します。レスポンスを返す場合も同様に割り当てられた領域に値を書き込むことでマスタに通知します。

トータルフレームプロトコル方式のイメージ

通信プロトコル

特徴

INTERBUSはマスタ・スレーブ方式で通信しており、一つのデータの中に各スレーブのデータを格納して通信するため、通信に使用するデータ数を少なくできます。
全二重のケーブルを使用してループ型のトポロジーを構築できるので、通信エラー検出時に、逆向きに通信を行なうことで、断線箇所を特定することができます。

※記載されている会社名、製品名、ネットワーク名称等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
※内容の一部(規格、仕様など)については記載当時から変更されている場合がありますのでご注意ください。

2015年11月

じっくり読んでナットク! このページをPDFで読む ダウンロードする

  • 前ページ

    代表的なフィールドネットワークの紹介

    HSE
  • 次ページ

    代表的なフィールドネットワークの紹介

    IO-Link

「接続.com」TOPページに戻る