キーエンス製 N-bus対応センサのネットワーク接続例

キーエンス製N-bus対応センサのラインナップや対応ネットワーク、接続例についてご紹介します。

ラインナップ

●N-bus対応センサ ラインナップ

  • レーザセンサ LV-Nシリーズ
  • ファイバセンサ FS-Nシリーズ
  • 光電センサ PS-Nシリーズ
  • 光電センサ LR-Wシリーズ ※
  • 流量センサ FD-Qシリーズ ※
  • アンプ内蔵型レーザセンサ LR-Tシリーズ ※
  • e-CON入力ユニット NU-EN8N

※マルチセンサコントローラ MU-Nシリーズが必要です。

●N-bus対応コントローラ ラインナップ

  • マルチセンサコントローラ MU-Nシリーズ

●ネットワーク通信ユニット NUシリーズ ラインナップ

  • EtherNet/IP対応 NU-EP1
  • DeviceNet対応 NU-DN1
  • CC-Link対応 NU-CL1

接続のイメージ

N-bus対応機器は、ネットワーク通信ユニットNUシリーズを使用して接続します。

ネットワーク通信ユニット NUシリーズ

センサの最大接続台数

 1 台のNUシリーズに接続できるセンサの台数は、対応機器の出力の数により決まります。
 対応機器の出力の合計が最大16出力まで接続できます。
 ※MU-Nシリーズを使用する場合、接続可能な機器の合計は最大4台までです。

接続可能センサの占有出力数

センサ型式 出力数
FS-N10*/N12*, LV-N10/N12C*, PS-N10/N12* 1
FS-N14*, LV-N12N/N12P 2
MU-N12 3
NU-EN8N 8

※IO-Link対応センサについては、こちらよりお問い合わせください。

ネットワークのイメージ

ネットワークのイメージ

※PLC、パソコンに各ネットワーク対応のユニット、もしくはボードが必要です。

対応ネットワーク

分類 シリーズ フィールドネットワーク その他通信機能
EtherNet/IP DeviceNet CC-Link PROFI
NET
PROFI
BUS
Ether
CAT
Ethernet
TCP/IP
RS-232C
RS-422A
/485
センサ レーザセンサ
LV‐N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
※2 ※2 ※2 - -
ファイバセンサ
FS‐N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
※2 ※2 ※2 - -
光電センサ
PS‐N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
※2 ※2 ※2 - -
光電センサ
LR-W ※1
○ ※1
(NU-EP1)
○ ※1
(NU-DN1)
○ ※1
(NU-CL1)
※2 ※2 ※2 - -
流量センサ
FD-Q ※1
○ ※1
(NU-EP1)
○ ※1
(NU-DN1)
○ ※1
(NU-CL1)
※2 ※2 ※2 - -
アンプ内蔵型
レーザセンサ
LR-T ※1
○ ※1
(NU-EP1)
○ ※1
(NU-DN1)
○ ※1
(NU-CL1)
※2 ※2 ※2 - -
コントローラ マルチセンサ
コントローラ
MU-N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
※2 ※2 ※2 - -
分類 シリーズ フィールドネットワーク
EtherNet/IP DeviceNet CC-Link
センサ レーザセンサ
LV‐N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
ファイバセンサ
FS‐N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
光電センサ
PS‐N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
光電センサ
LR-W ※1
○ ※1
(NU-EP1)
○ ※1
(NU-DN1)
○ ※1
(NU-CL1)
流量センサ
FD-Q ※1
○ ※1
(NU-EP1)
○ ※1
(NU-DN1)
○ ※1
(NU-CL1)
アンプ内蔵型
レーザセンサ
LR-T ※1
○ ※1
(NU-EP1)
○ ※1
(NU-DN1)
○ ※1
(NU-CL1)
コントローラ マルチセンサコントローラ
MU-N

(NU-EP1)

(NU-DN1)

(NU-CL1)
分類 シリーズ フィールドネットワーク
PROFINET PROFIBUS EtherCAT
センサ レーザセンサ
LV‐N
※2 ※2 ※2
ファイバセンサ
FS‐N
※2 ※2 ※2
光電センサ
PS‐N
※2 ※2 ※2
光電センサ
LR-W ※1
※2 ※2 ※2
流量センサ
FD-Q ※1
※2 ※2 ※2
アンプ内蔵型
レーザセンサ
LR-T ※1
※2 ※2 ※2
コントローラ マルチセンサコントローラ
MU-N
※2 ※2 ※2
分類 シリーズ その他通信機能
Ethernet
TCP/IP
RS-232C
RS-422A
/485
センサ レーザセンサ
LV‐N
- -
ファイバセンサ
FS‐N
- -
光電センサ
PS‐N
- -
光電センサ
LR-W ※1
- -
流量センサ
FD-Q ※1
- -
アンプ内蔵型レーザセンサ
LR-T ※1
- -
コントローラ マルチセンサコントローラ
MU-N
- -

※1 マルチセンサコントローラ MU-Nシリーズが必要です。

※2 PROFINET、PROFIBUS、EtherCAT、IO-Linkへの接続については、こちらよりお問い合わせください。

ネットワーク接続のアプリケーション

通信ユニットNUシリーズを使用することで、N-bus対応センサの様々な情報を集約・管理できます。これにより、状態監視・予知保全・段取り替え・生産管理などの情報システムを構築できます。

センサをネットワークに接続した、接続事例をご紹介します。

センサの汚れによるトラブルを未然に防ぐために。

環境の厳しい現場では、ON/OFFの判別信号だけではなく、センサ受光量も合わせてPLCに取得します。汚れたセンサを個別に知らせることで、予知保全システムを構築できます。

センサの汚れによるトラブルを未然に防ぐために。

センサネットワークで実現できるアプリケーション集

資料ダウンロード

シリーズ カタログ マニュアル 通信設定ファイル
EtherNet/IP※ DeviceNet CC-Link
NUシリーズ ダウンロード ダウンロード EDSファイル
ダウンロード
EDSファイル
ダウンロード
CSPファイル
ダウンロード
シリーズ カタログ マニュアル
NUシリーズ ダウンロード ダウンロード
シリーズ 通信設定ファイル
EtherNet/IP※ DeviceNet CC-Link
NUシリーズ EDSファイル
ダウンロード
EDSファイル
ダウンロード
CSPファイル
ダウンロード

※KVシリーズと接続する場合、通信設定ファイルは最新のKV STUDIOにインストール済みです。KV STUDIOの最新版アップデートは、KVユーザーサポートよりダウンロードできます。

参考商品

ラインナップで紹介した各商品の詳細については、以下を参照ください。

  • 前ページ

    代表的なフィールドネットワークの紹介

    SERCOS III
  • 次ページ

    ネットワーク接続例の紹介

    変位センサ

「接続.com」TOPページに戻る