• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 1測定機の基礎知識
誤差について

誤差の種類

長さの誤差は、対象物の真実の値(真値)と測定値の差、または指定した値と測定値の差であり、「誤差=測定値−真の値」で表されます。現実にはどんなに精密に測定しても真の値を求めるのは困難で、測定値には何らかの「不確かさ(あいまいさ)」が含まられるのは避けられません。
誤差は、それを生み出す条件によって大きく3種類に分類することができます。誤差を防ぐためにはそれぞれの条件に配慮する必要があります。

(1)系統誤差

特定の原因によって測定値が偏る誤差。例えば、測定値の個体差による誤差(器差)、温度、測定方法のくせなど。

(2)偶然誤差

測定時の偶然がもたらす誤差。測定器に付着したほこりが原因の誤差などが挙げられます。

(3)過失誤差

測定者の経験不足や誤操作による誤差のこと。

誤差の種類

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

  • 「測定器ナビ」印刷用PDF
  • デモ依頼
  • 商品選定相談
  • 置いて押すだけ画像測定IMシリーズ

    置いて押すだけ画像測定
    IMシリーズ

  • 高精度3D粗さ測定VKシリーズ

    高精度3D粗さ測定
    VKシリーズ

  • ワンショット3D測定VRシリーズ

    ワンショット3D測定
    VRシリーズ

  • ハンディプローブ三次元測定機XMシリーズ

    ハンディプローブ三次元測定機
    XMシリーズ

インライン向け測定器はこちら