• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 4測定機の選び方
コストから選ぶ

コストから選ぶ

コストの安いものとしては、物差しおよび巻き尺を挙げることができます。物づくりの現場では必須のアイテムといえます。また、ノギスも比較的低コストの測定機器であり、0.1mm単位の測定に役立ちます。
ダイヤルゲージおよびハイトゲージはやや高いものの、0.01mm単位で測定することが可能です。
マイクロメータは、数千円のものから数十万円のものまであり、測定の目的や精度に応じて使い分けることができます。
近年は精密測定用にデジタル式の測定機が多数登場しています。画像寸法測定機は500万円前後、CNC画像測定機は高い機種で約2000万円といった高額なものもあります。ひとくちに測定機器といっても低価格のものから高価格帯のものまで幅広くそろっていて、測定の対象物や用途、精度に応じて適切なものを選ぶ必要があります。

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

  • 「測定器ナビ」印刷用PDF
  • デモ依頼
  • 商品選定相談
  • 置いて押すだけ画像測定IMシリーズ

    置いて押すだけ画像測定
    IMシリーズ

  • 高精度3D粗さ測定VKシリーズ

    高精度3D粗さ測定
    VKシリーズ

  • ワンショット3D測定VRシリーズ

    ワンショット3D測定
    VRシリーズ

  • ハンディプローブ三次元測定機XMシリーズ

    ハンディプローブ三次元測定機
    XMシリーズ

インライン向け測定器はこちら