• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 4測定機の選び方
用途から選ぶ

長さの測定

製造現場における長さの測定では、物差しや巻き尺、ブロックゲージの利用が一般的です。数メートルに及ぶ対象物では、長尺スケールを用います。より精密に測るためには、ノギスやダイヤルゲージ、マイクロメータなどを用います。

角度の測定

度の単位では、半円分度器が役立ちます。分の単位では、ベベルプロトラクタや投影機を用います。さらに秒の単位では、サインバーという測定機器があります。また、角度ゲージやオートコリメーターを使うことで、秒単位の測定が可能です。
直角度を確認する道具としては、スコヤ(スクエア)や直角度測定機があります。

穴径の測定

物体の穴径を測定するには、ノギスが活躍します。また、専用の内径測定機があります。
径の大きな輪状の対象物を測定するには、棒状のマイクロメータやシリンダゲージ、小径測定機、栓ゲージが活躍します。より精密に想定する場合、電子マイクロやエアマイクロを利用します。
光学的に精密に測定する必要がある場合、投影機や工場顕微鏡、画像寸法測定機などが役立ちます。

座標の測定

座標の測定

工作物の穴の位置など座標を測定するには、オフセンタノギスや穴ピッチゲージ、ハイトゲージ、ピンゲージを用います。
光学的に精密に測定する必要がある場合、投影機や工場顕微鏡、二次元・三次元測定機、画像寸法測定機などが役立ちます。半導体など超精密な測定では、光波干渉標準測定機を用います。

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

置いて、押すだけ
誰でも正確な寸法測定

必要なときに

必要な場所で