• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 2測定を行なう環境
温度と測定

物体は熱膨張によって体積が変わることから、温度の変動によって長さもまた変わります。そのため、同じ仕様の物体であっても、測定時の温度が異なると長さが異なることになります。また、下記の表の通り、熱膨張の割合は材質によって異なります。

材質と熱膨張係数の例
材質 熱膨張係数×10-6
アルミニウム 23
黄銅 17.5
ポリエチレン 100~200

物体の長さを測定する際には、温度条件への配慮が必要となります。ちなみに、国際度量衡委員会によって、測定時の「標準温度」は20℃と決められています。
室温の異なる部屋から測定対象を持ち込んだ際、温度は急には変わらないため、一般的に1時間以上の温度慣らしが必要となります。また、測定時の温度が20℃ではない場合、誤差を計算して補正する必要があります。
熱膨張は測定対象物だけでなく、測定機器でも起こるため、いずれにおいても標準温度を維持しなければなりません。

温度慣らしが必要

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

置いて、押すだけ
誰でも正確な寸法測定

必要なときに

必要な場所で