• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

CHAPTER 5業務ごとに見る測定
出荷前検査

納品先が求める精度を満たしているか?

出荷前検査では、限られた時間の中で仕様に合った寸法であるかを、短時間で確実に確認する必要があります。

使用される測定機器の例

・ノギス

・マイクロメータ

・ブロックゲージ

・CNC画像測定機

・三次元測定機

測定機器を選ぶポイント

・納品先が求める精度を吟味した上で、測定機器を選ぶ必要があります。

・取扱いをだれでも簡単に行なうことができ、耐久性に富んだ機器を選びます。

測定作業時の注意点

・金属部品などを出荷前に検査する際、測定できる時間が限られる中で、測定が簡便なノギスを使用することがあります。求められる精度を吟味した上で、出荷後にトラブルにならない対応が欠かせません。

・出荷前検査では、測定機器を頻繁に使用することから、機器の精度を落とさない管理が欠かせません。使用前の確認や使用後の清掃はもちろんのこと、保管場所の徹底、持ち出しのルール化などを組織として決めておく必要があります。

・ノギスを使用する際、時間のない中であわてて測定すると、測定面を傾けた状態で測ることになり、正しい寸法を求めることができません。また、マイクロメータでは真上から目盛りを読まないと、視差によって読み取る値が変わりかねません。いずれの場合も、正しく測定方法に習熟するとともに、徹底することが必須です。

INDEX目次に戻る

トップへ戻る

測定に関するお困りごとを解決!

置いて、押すだけ
誰でも正確な寸法測定

必要なときに

必要な場所で