• 文字サイズ
  • 標準
  • 大きく

インク関連法令や性質について

有機溶剤中毒予防規則について

有機溶剤中毒予防規則への対応で“エタノールインク”を使ったアルコール系インクの産業用インクジェットプリンタが注目されています!
有機溶剤中毒予防規則とは、有機溶剤の安全基準を定めた厚生労働省の省令です。産業用インクジェットプリンタに使用されるインク溶媒の「メチルエチルケトン」やアセトンもこの省令に該当するため、工場や作業現場における有機溶剤使用時の取扱いに関する規則が定められています。

有機溶剤タイプのインクジェットプリンタの課題有機溶剤タイプのインクジェットプリンタの課題

法令対策
  • (1)局所排気装置の設置
  • (2)年2回の健康診断の実施
  • (3)年2回の作業環境測定の実施

等の対策が必要

対策費用
  • (1)約30~60万円
  • (2)約3000~4000円/人×年2回
  • (3)約7~8万円×年2回

※対策費用は一例です

におい
  • ・作業者が有機溶剤のにおいを嫌がる
  • ・におい移りし易い製品への印字に向いていない

アルコール系インク インクジェットプリンタのメリットアルコール系インク インクジェットプリンタのメリット

法令対策
  • 不要!
対策費用
  • 不要!
におい
  • 少ない!

エタノールタイプのインクジェットプリンタなら、有機溶剤中毒予防規則対策のための対策や費用が不要です。また、においが少ないことからにおい移りし易い製品や狭い場所での使用にも適しています。

詳しくはこちらDLして確認ください

労働安全衛生法の改正について

2016年6月1日に施行された法改正において、7つの項目が新たに実施されることになりました。有機溶剤およびアルコールベースの産業用インクジェットプリンタの使用において、同法令への対応が必須となります。

■ 対象となる改正内容(厚生労働省資料を引用)

化学物質について、リスクアセスメントの実施が義務化されます。
● 一定の危険性・有害性が確認されている化学物質による危険性又は有害性等の調査(リスクアセスメント)の実施が事業者の義務となります。
● 事業者には、リスクアセスメントの結果に基づき、労働安全衛生法令の措置を講じる義務があるほか、労働者の危険又は健康障害を防止するために必要な措置を講じることが努力義務となります。
● 上記の化学物質を製造し、又は取り扱う全ての事業者が対象です。

■ リスクアセスメントとは

リスクアセスメントとは、作業場にて使用されている化学物質を把握し、その化学物質の危険性又は有害性のリスクを事業者が評価し、その結果に基づいて適切な労働災害防止対策を講じる事を言います。
一般的な産業用インクジェットプリンタでは、メチルエチルケトン、アセトン、エタノールなどの有機溶剤やアルコール類が使用されており、下記のような対策を実施する必要があります。

● 「コントロール・バンディング」を使用したリスクアセスメントの実施
現在ご使用されている産業用インクジェットプリンタの安全データシート(SDS)をご用意ください。
安全データシートに記載されている化学物質を下記のリスクアセスメント実施支援システムに入力する事で、必要となる労働災害防止対策が表示されます。
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/ras/user/anzen/kag/ras_start.html
※このサイトは厚生労働省が推奨しているリスクアセスメントの実施支援システムです。

詳しくはこちらDLして確認ください

水溶性インクと非水溶性インクについて

MEK系インクは非水溶性、MEKフリー系インクは水溶性です。

消防法において

■MEK系インク
危険物(第四類第一石油類(非水溶性液体)に指定されています。
■MEKフリー系インク
危険物(第四類第一石油類(水溶性液体)に指定されています。
※MEKフリー系インクはエチルアルコール(エタノール)ベースになります。

水溶性と非水溶性で変わること

非水溶性のものは水溶性のものと比べると、指定数量が半分になっています。

指定数量
非水溶性(MEKインク) 200L
水溶性(MEKフリーインク) 400L

これは、水に溶けにくく比重が小さい物品が多く、水で消火するとき、液面に浮かんだ危険物が流動して広がりやすく危険なためです。

インクはPRTR法の扱いにはならない

インクには、PRTR法第1種指定化学物質である三価クロム合金とトルエンを含有しますが、それぞれの物質において製品(インク)質量中の含有量が1%未満のため非該当となります。

PRTR法とは

(Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度)有害性のある化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかのデータを把握し集計し、公表しなくてはいけない法律です。

インクは毒物・劇物の扱いにならない

MEK(メチルエチルケトン)が劇物に指定されていますが、原体ではないため同法に基づく劇物・毒物にはなりません。
※原体とはMEKのみで構成される物質のことを意味し、インク・補充液のような混合物は原体ではないと判断されます。

インクの成分について

インクの成分を知りたい場合は、インク・溶剤ごとのSDS(安全データシート)をご確認ください。

SDS(Safety Data Sheet:安全データシート)とは

有害性のおそれがある化学物質を含む製品を他の事業者に譲渡又は、提供する際に、対象化学物質等の性状や取り扱いに関する情報を提供するための文書です。
※MSDS(化学物質等安全データシート)と呼ばれていたが、2012年4月に国連GHS化学品の分類および表示に関する世界調和システムで規定されている略称のSDSに、統一されました。

SDS(見本)

SDS(見本)

記載内容例

    1. 01 化学品及び会社情報
      製品名称、SDSを提供する事業者の名称、住所及び連絡先
    2. 02 危険有害性の要約
    3. 03 組成及び成分情報
      含有する指定化学物質の名称、指定化学物質の種別、含有率(有効数字2桁)
    4. 04 応急措置
    5. 05 火災時の措置
    6. 06 漏出時の措置
    7. 07 取扱い及び保管上の注意
    1. 08 ばく露防止及び保護措置
    2. 09 物理的及び化学的性質
    3. 10 安定性及び反応性
    4. 11 有害性情報
    5. 12 環境影響情報
    6. 13 廃棄上の注意
    7. 14 輸送上の注意
    8. 15 適用法令
    9. 16 その他の情報

入門書ダウンロード

目次に戻る

実際の商品はこちら

労安法の対策で
IJPに求められること

労安法の対策でIJPに求められること

ダウンロード

インク不要の消えない印字

ハイブリッド レーザマーカ MD-X1000/1500シリーズ

トップへ戻る

関連サイト